茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立岩瀬高校で第46回戴帽式が行われました

フォトニュース

県立岩瀬高校で第46回戴帽式が行われました

 

 

誓いの言葉を述べる稲川真帆さん
▲誓いの言葉を述べる稲川真帆さん

 

ナースキャップを受け取りキャンドルに火をともす生徒たち
▲ナースキャップを受け取りキャンドルに火をともす生徒たち

 

キャンドルを手にする生徒たち
▲キャンドルを手にする生徒たち

 

平成29年6月15日掲載

 

 6月2日(金曜日)、岩瀬高校で戴帽式が行われ、衛生看護科3年生40人が式に臨み、看護の道を歩む決意を新たにしました。戴帽式は、本格的な病院実習を前にナースキャップを贈る行事で、今年で46回目になりました。

 

 式典では、厳粛な雰囲気の中、キャンドルを手に「ナイチンゲール誓詞」を全員で唱和しました。

 柏正則校長は、「看護師を目指すものにあって、戴帽式は意義ある儀式。皆さんの前で誓ったナイチンゲール誓詞を忘れずに精進してほしい」と式辞を述べました。
 生徒を代表して、稲川真帆さんが、「患者様に寄り添い、やさしさを忘れず、謙虚な態度で勉学に励み正確な知識と態度を身に付けていきます。私たちの胸に灯された炎とナイチンゲール誓詞を忘れることなく、自分の理想とする看護師像に向かって、仲間と共に精進していくことを誓います」と誓いの言葉を述べました。

 

 また、戴帽式を迎えた男子生徒4人のうち吉川眞太さんは硬式野球部に所属し、学科の勉強と部活を両立しながら看護師を目指しています。「患者さんを笑顔にできるような看護がしたい。両立は体力的にもきついが、夏の野球県大会も秋の実習も頑張りたい」と力を込めていました。

 

 40名の生徒たちが立派な看護師になる日を楽しみにしています。

 

 来賓の方などからの励ましの言葉を聞く生徒たち
 ▲来賓の方などからの励ましの言葉を聞く生徒たち

内容に関するお問い合わせ
学校名 岩瀬高校
連絡先 0296-75-2475

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp