茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  フォトニュース   > 株式会社茨城新聞社から「いばらきセレクション125」が寄贈されました

フォトニュース

株式会社茨城新聞社から「いばらきセレクション125」が寄贈されました

 

 

贈呈の様子
▲贈呈の様子

 

「いばらきセレクション125」A6判147ページ
▲「いばらきセレクション125」A6判147ページ

 

寄贈の本をもとに歓談の様子
▲寄贈の本をもとに歓談の様子

 

平成29年3月14日掲載

 

 3月8日(水曜日)、茨城新聞社の小田部卓社長が、小野寺教育長を訪問し、茨城新聞社が出版した「いばらきセレクション125 みんなで選んだ茨城の宝」を寄贈していただきました。

 寄贈部数は、県内の国公私立のすべての小学校、中学校、義務教育学校、特別支援学校、高等学校、中等教育学校及び公立図書館、市町村教育委員会等の1,007か所に各10部ずつ、合計10,070部です。

 

 小田部社長は、「この『いばらきセレクション125』は、茨城新聞社が昨年創刊125周年を迎え、その記念事業として多くの県民投票数16万916票(内訳:子ども票13万5139票・一般票2万5777票)に基づいて、『五浦の六角堂』『納豆』『親鸞とゆかりの寺』『茨城弁』など県民や地元の『誇りと愛着』が盛り込まれた郷土の宝を選定し作成したもので、多くの県民に手に取っていただき、ふるさと再発見の契機にしてもらうとともに、児童・生徒さんの郷土教育に役立てていただきたい」との話がありました。

 

 小野寺教育長は、「県では、今、郷土教育を熱心に取り組んでいる中で、子どもたちがたくさん参加してできた『いばらきセレクション125』は、本当に素晴らしいと思います。今後、郷土教育をこのようなものとタイアップしてさらに盛り上げていきたい。そして、茨城の魅力を知り、その知り得た魅力を県の外に宣伝・自慢していくことが大切であり、その自慢の材料として貴重な資料だと思います。今後、学校や図書館等でしっかり活用していただき茨城県の魅力がさらに上がるようにしていきたいと思います。今後とも引き続き、ご支援をお願いします」と感謝の言葉を述べました。

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 生涯学習課[県庁舎22階]

電話 029-301-5322(学習支援担当)  FAX 029-301-5339

E-mail shogaku@pref.ibaraki.lg.jp