茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース   > 県立真壁高校生がホテルでスイーツコンテスト最優秀作品を試作しました

フォトニュース

県立真壁高校生がホテルでスイーツコンテスト最優秀作品を試作しました

 

 

シェフにごあいさつ
▲シェフにごあいさつ

 

調理開始
▲調理開始

 

上にかけるクリームを作成
▲上にかけるクリームを作成

 

仕上げ
▲仕上げ

 

平成29年3月8日掲載

 

 3月6日(月曜日)、ホテルレイクビュー水戸において、コース料理の中で提供するデザートの試作を、真壁高校生がホテルのシェフと一緒に行いました。

 

 平成27年度、第一回農業関係高校スイーツコンテストで真壁高校生の発案した「ぱーしモンブラン」(※)が最優秀作品に選ばれました。この「ぱーしモンブラン」を、3月11日(土曜日)にホテルレイクビュー水戸で開催するレストランイベント「ワインの夕べ」のコース料理のデザートとして提供することになり、この日、コース料理を調理するシェフと発案者の真壁高校生が試作を行いました。

 

※「ぱーしモンブラン」
 発案者:食品化学科2年 岩原麻未、野沢綾音、古高楽来
 モンブラン風の柿菓子。「persimmon(柿)」と「モンブラン」を掛けて名付けられた。茨城の柿や福来みかんジャムを使用している。

 

 発案者の一人、古高楽来さんは、「(ぱーしモンブランは)クリームや白あんに柿をメインに使っていて、そこにアクセントとして福来みかんというちょっと変わったジャムを使っている。福来みかんジャムは少し苦みがあるので、甘すぎず苦すぎず程よい味になっている。スイーツコンテストで作ったときはジャムや白あんなど味がしっかりしていたので、本番ではもっとインパクトのある味にして、柿を使っているんだと伝わるようにしたい」と話していました。

 

 

  完成しました
  ▲完成しました

内容に関するお問い合わせ
学校名 真壁高校
連絡先 0296-55-3715

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp