茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立土浦第一高校「主権者教育セミナー」を開催

フォトニュース

県立土浦第一高校「主権者教育セミナー」を開催

 

 

セミナーの様子

▲セミナーの様子

 

話を聴く生徒たち1

▲話を聴く生徒たち1

 

話を聴く生徒たち2

▲話を聴く生徒たち2

 

生徒たちへのメッセージ

▲生徒たちへのメッセージ

 

平成27年11月30日掲載

 

 11月20日(金曜日)、 県立土浦第一高校で「主権者教育セミナー」を開催しました。

 

 改正公選法により、来年夏の参議院選挙から選挙権が18歳以上に引き下げられることから、2年生318名を対象に「主権者教育セミナー」を開催しました。


 授業は地歴公民科の関 隆一郎 教諭が文科省と総務省が作成した主権者教育用の副教材である『私たちが拓く日本の未来』の内容をまとめ、実施しました。
 特に、選挙運動について、「18歳未満の生徒は選挙運動ができない」ことや、運動が自発的で無報酬が原則であることなどを説明し、「ルールを犯せば公的に罰せられることもある」と注意を促しました。

 続いて、投票時間や期日前投票の仕組みを解説し、近年の若者の投票率の低さにも触れました。権利を放棄すれば、自らの思いは反映されることはないと指摘し、自身の一票を大切にするよう呼びかけました。また、選挙に際しては、新聞やニュース、政見放送などを参考にし、自分自身で情報収集することの大切さにも触れました。

 

 授業後、生徒会長の太田親伯さんが、「有権者になる自覚が湧いてきた」と話したほか、青木秀道さんは「小さな一票かもしれないが、一票を投じないと政治を変えることが出来ない。有権者になった時は必ず投票に行きたい」と語ってくれました。


 

内容に関するお問い合わせ
学校名

県立土浦第一高等学校 

連絡先

029-822-0137

 

 

 


お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp