茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 竜ケ崎一高で数学セミナー「レインボー・マセマティクス」を開催しました

フォトニュース

竜ケ崎一高で数学セミナー「レインボー・マセマティクス」を開催しました

 

 

生徒一人一人が実際に折紙に挑戦しました

▲生徒一人一人が実際に折紙に挑戦しました

 

少しずつ立体が出来上がってきました

▲少しずつ立体が出来上がってきました

 

立体広告を研究中、「うまく浮き上がってる?」

▲立体広告を研究中、「うまく浮き上がってる?」

 

講師陣との記念撮影 アシスタントとして本校卒業生の大学院生等も参加しました

▲講師陣との記念撮影 アシスタントとして本校卒業生の大学院生等も参加しました

 

平成27年9月30日掲載

 

 9月28日(月曜日)に、竜ケ崎第一高等学校において、「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業」として、数学セミナー「レインボー・マセマティクス(虹マス)」が開催されました。


 1年生全員を対象として、8人の数学教育研究者や実践者が、数学の楽しさ・奥深さ・有効性などが実感できる講座を開講し、生徒たちはそれぞれ希望の講座に参加し、密度の濃い2時間となりました。


 参加した生徒からは、「立体の不思議について身をもって感じることができました。立体を作ることがこんなに面白いことだなんて知りませんでした」「サッカーの試合の広告があんな仕組みだとは知らなかったので驚きました。班の皆で協力してオリジナルの広告を作成することができたので楽しかった」という感想が寄せられました。


【開催した講座】

  • 「経済統計の利用」(朝倉啓一郎・流通経済大教授)
  • 「ゲーム理論による意思決定の科学」(石川竜一郎・筑波大准教授)
  • 「素数の未解決問題にチャレンジしませんか?」(伊藤稔・東京理科大教授)
  • 「データ分析の方法を学ぼう」(小口祐一・茨城大教授)
  • 「折り紙に潜む数理の探究と考察」(坂本正彦・筑波大学附属中学校教諭)
  • 「立体に見える広告」(松嵜昭雄・埼玉大准教授)
  • 「折紙とコンピュータ」(三谷純・筑波大教授)
  • 「平面内の1次元図形の世界」(山下哲・木更津工業専門学校教授)


内容に関するお問い合わせ
学校名

県立竜ケ崎第一高等学校 

連絡先

0297-62-2146

 

 

 


お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp