茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 秋の華のおもてなし  石岡二高生が「マイ陶器」に花を生けました

フォトニュース

秋の華のおもてなし  石岡二高生が「マイ陶器」に花を生けました

 

 

初めは切るのも大変でした

▲初めは切るのも大変でした

 

先生に手直ししてもらっています

▲先生に手直ししてもらっています

 

「マイ陶器」にも生けてみましょう

▲「マイ陶器」にも生けてみましょう

 

 

 

 

 

 

平成27年9月15日掲載

 

 9月8日(火曜日)、県立石岡第二高等学校の1年生が、自分で造った「マイ陶器」でいけばな(生け花)を行いました。

 

 石岡第二高校では、1学年全員を対象に、日本の伝統文化である華道・茶道を体験することで、伝統文化に対する興味・関心を高めると同時に、立ち居振る舞いを学び、豊かな情操を育むことを目的に、県の「一人一人が輝く活力ある学校づくり支援事業(石岡二高では「筑翠ルネサンス」事業)の一環として、「和の心」体験事業を行っています。

 

 今回、華道を体験した生徒は、全員が花を生けることは初めての挑戦でした。本校の卒業生でもある、いけばな草月流師範の田中明美先生を講師としてお招きして、いけばなの基礎を学びました。
 使用した花器は、石岡第二高校の1年生が5月に笠間市の陶工房で手ひねりで自ら造った、世界に一つだけの「マイ陶器」です。

 最初はうまく花を切ることもできなかった生徒たちも、徐々に自信をもって花が切れるようになり、やがて大胆に水盤に花を生けられるようになっていきました。「マイ陶器」に生けたものは、校長先生をはじめ教職員や他の生徒たちからも「きれい」「私も作ってみたい」と評判も上々です。

 

 参加した生徒たち全員が「体験できて良かった。またやってみたい」、「自宅にも飾ってみたい」などと感想を書いていました。

 体験事業は、今後5週間に渡って実施していく予定です。

 

うまく生けられたでしょうか

▲うまく生けられたでしょうか

 

◆関連リンク

 石岡第二高校で陶器づくり体験が行われました

内容に関するお問い合わせ
学校名

県立石岡第二高等学校 

連絡先

0299-23-2101

 

 

 


お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp