茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 高等学校文化活動推進事業 高校生のための囲碁特別講座が開催されました

フォトニュース

高等学校文化活動推進事業 高校生のための囲碁特別講座が開催されました

 

 

溝上九段による指導碁(8人を同時に相手にします)

▲溝上九段による指導碁(8人を同時に相手にします)

 

指導碁を再現しながら棋譜解説

▲指導碁を再現しながら棋譜解説

 

河野八段による初級講座

▲河野八段による初級講座


平成27年8月12日掲載

 

 8月7日(金曜日)、水戸市の三の丸市民センターにおいて、高校生のための囲碁特別講座が開催されました。

 

 これは、昨年度行われたいばらき総文2014を機に、高校生の文化活動が活性化していることから、それをさらに充実・強化していくために県が実施している、「高等学校文化活動推進事業」の一環として開催されたものです。

 この日は、高校生のほか小中学生も参加するなか、囲碁団体である(公財)日本棋院の溝上 知親 九段と河野 貴至 八段を講師に迎え、講師による指導碁やその後の棋譜解説、初級講座などが行われました。

 

 参加した生徒からは、「(指導碁では)講師の先生は、先を読み、一手一手が2つの意味を持っていた」「(初級講座では)この手で打ってくる可能性が高い、といったように、実践的な話が聞けた」といった感想が聞かれました。

 また、溝上九段は、「茨城県では、囲碁をやる小中高校生は少ないが、環境に恵まれ熱心で質も高く、応援していきたい。囲碁は、論理的な思考力が身に付き、人間形成に役立つので、この活動を通して多くの子どもに囲碁に触れて欲しい」と話してくれました。


 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5445(芸術文化担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp