茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 「つくろう料理コンテスト」が開催されました

がんばれ茨城の子どもたち!(フォトニュース)

「つくろう料理コンテスト」が開催されました

 

 

調理の様子1

▲調理の様子1

 

調理の様子2

▲調理の様子2

 

子ども達の様子を見守る保護者や引率の教員

▲子ども達の様子を見守る保護者や引率の教員

 

小学生の部・最優秀賞 田宮 響さん(笠間市立岩間第三小学校6年)

▲小学生の部・最優秀賞 田宮 響さん(笠間市立岩間第三小学校6年)

 

中学生の部・最優秀賞 吉田 夏奈さん(高萩市立秋山中学校2年)

▲中学生の部・最優秀賞 吉田 夏奈さん(高萩市立秋山中学校2年)

 

高校生の部・最優秀賞 荒井 友花さん(つくば国際大学高等学校3年)

▲高校生の部・最優秀賞 荒井 友花さん(つくば国際大学高等学校3年)

 

課名 保健体育課
連絡先 029-301-5356


平成26年8月22日掲載

 

 8月21日(木曜日)、中川学園調理技術専門学校において、「つくろう料理コンテスト」の第2次審査が行われました。

 このコンテストは、自らがメニューを考えて食材を選定し、調理することを通して、食への関心を高めていくことを目的に、平成16年度から実施しています。

 

 今年度も、茨城県内(地元)の食材を使った「Myホリデー朝食メニュー」をテーマに、県内の小学生・中学生・高校生を対象に作品を募集し、7,703点の応募がありました。

 

 書類による第1次審査通過者は、7月29日(火曜日)に産地見学会に参加し、茨城県の農産物のおいしさや魅力を学び、農業への理解を深めました。

 

 実技による第2次審査では、味はもちろん、色合いや盛り付けにも工夫を凝らして調理を行いました。審査員の中には「小学生とは思えない素晴らしい料理に感心した」など、料理の出来映えに驚きの声を上げる方もいました。

 

 今年度からは新たな試みとして、保護者や引率の教員向けに、調理室内のライブ映像を廊下に投影することや他の生徒が作った料理をお互いに試食することを行いました。

 

 審査の結果、

【小学生の部】田宮 響さん(笠間市立岩間第三小学校6年) 
「茨城県産ヘルシー美味しい朝ごはん」
(ゆかりと白ごまのおにぎり 豆腐のヘルシーグラタン 
切り干し大根ときゅうりの塩こうじ和え 野菜ときのこのスープ 
キウイヨーグルト) 

 

【中学生の部】吉田 夏奈さん(高萩市立秋山中学校2年) 
「まごはやさしい!栄養まんてん・朝から元気!茨城の食材でパワーアップ」
(ご飯が進んで生姜ない 納豆とレンコンのネバネバお焼き
茨城が盛り沢山!揚げない春巻き!! 夏野菜のシャキシャキサラダ
野菜をエコ活用たつごスープ Wow!干し甘クリームチーズ!? )

 

【高校生の部】荒井 友花さん(つくば国際大学高等学校3年) 
「骨太家族の24品目グレードアップ朝食」
(さっぱりとろとろ和風ドリア 夏野菜のねばとろ和え
さっぱりチキンとシーザーサラダ かき玉汁夏バージョン パインヨーグルト )

 

が最優秀賞に選ばれました。

 

 最優秀賞の3作品は、県庁生協食堂「ひばり」において定食として提供されます。提供日は以下のとおりです。
・9月19日(金曜日):小学生の部最優秀作品
・10月20日(月曜日):中学生の部最優秀作品
・11月19日(水曜日):高校生の部最優秀作品

 

 一般の方も利用できますので、ぜひお越しください。

 

最後はみんなで集合写真

▲最後はみんなで集合写真

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 保健体育課[県庁舎23階]

電話 029-301-5344(管理担当)  FAX 029-301-5369

E-mail hotai@pref.ibaraki.lg.jp