茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > ミュージアムパーク茨城県自然博物館「中1フリーパス」贈呈式を行いました

がんばれ茨城の子どもたち!(フォトニュース)

ミュージアムパーク茨城県自然博物館「中1フリーパス」贈呈式を行いました

 

 

自然博物館中1フリーパス贈呈式のようす

▲自然博物館中1フリーパス贈呈式のようす

(左から、菅谷博館長、小野寺俊県教育長、髙倉健太郎さん、津野斐美さん、安藤正光校長先生)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



平成26年4月11日掲載

 

 県では、ミュージアムパーク茨城県自然博物館の開館20周年記念事業の1つとして、平成26年度の県内の全ての中学1学年及び中学1学年に相当する生徒(約2万9千人)に対して、茨城県自然博物館に無料で入館できる「中1フリーパス」を配布することとし、その贈呈式を4月10日(木曜日)、県庁で行いました。

 

 贈呈式には、小野寺俊教育長、菅谷博自然博物館長、水戸市立双葉台中学校1年の津野斐美(つのあやみ)さん、髙倉健太郎(たかくらけんたろう)さん、安藤正光(あんどうまさみつ)校長先生が出席しました。

 

 小野寺教育長からは「このパスポートを活用して、中学生の皆様に理科を好きになってもらい、茨城県の目指す『科学技術創造立県いばらき』の将来を担う人材として育ってくれることを期待しています」と、また菅谷館長からは「この中1フリーパスを利用して、どんどん博物館を訪れ、中学生らしい専門的な視点で新たな博物館の楽しみ方を見つけていただきたいと思います」と新中学1年生に向けたメッセージが述べられました。

 

 そして、津野さんが新中学1年生を代表して「中1フリーパス」を受け取った後、高倉さんから「ありがとうございました。いろいろな生きものが好きなので、たくさん茨城県自然博物館に足を運んでもっと詳しくなりたいです」と感謝の言葉が述べられました。

 

 現在、茨城県自然博物館では「サバンナからのメッセージ-アフリカの自然とその保全-」が開催されていますので、このフリーパスを利用して、多くの中学1年生に博物館に来ていただきたいと思います。

 

※中1フリーパスについて
・本人に限り何回でも入館できます。

・有効期間は平成27年3月末日までです。

・平成27年3月末日までに1回以上来館すると、2学年次まで有効期間が1年延長されます。

・平成28年3月末日までに1回以上来館すると、3学年次まで有効期間が1年延長されます。

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5445(芸術文化担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp