茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立学校いじめの問題に関する緊急会議を開催しました

がんばれ茨城の子どもたち!(フォトニュース)

県立学校いじめの問題に関する緊急会議を開催しました

 

 

小野寺教育長の講話

▲小野寺教育長の講話

 

滝総括研究官の講演

▲滝総括研究官の講演

 

 

 

課名 高校教育課(生徒指導推進班)
連絡先 029-301-5265


平成24年8月30日掲載

 

 8月24日(金曜日)、茨城県総合福祉会館において、県内の中学生自殺問題等を受け、県立学校いじめの問題に関する緊急会議を開催しました。出席者は、各県立学校の校長・副校長・教頭より1名及び生徒指導主事・学年主任より1名で、全体で243名でした。

 

 最初に小野寺俊教育長が講話を行い、「いじめはどの学校にも起こりうるもので、できるだけ多く認知する必要がある。早急にいじめを解消するためには、地域や保護者と連携して解決を進めることが重要である」と述べました。

 このほか、県警察本部生活安全部少年課 風見和幸課長から、いじめ等の問題行動は初期対応が大切、警察との連携は迅速に行うべきであること、福祉相談センター 山口康裕副センター長から、生徒が相談できる機関を周知しておくと共に、学校は連携できる機関を把握していることが大切であることが伝えられました。

 また、国立教育政策研究所生徒指導研究センター 滝充総括研究官の講演があり、「いじめを把握するには、無記名アンケートや電話相談が有効である。ささいなトラブルが深刻な事態に陥らない学年や学級の経営をすることが大切である」といったお話しがありました。





 

 

 

 

  

   

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5265(生徒指導推進班)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo5@pref.ibaraki.lg.jp