茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  >「いじめ問題」への対応等を県教育委員評議会が緊急協議

がんばれ茨城の子どもたち!(フォトニュース)

「いじめ問題」への対応等を県教育委員が緊急協議

 

 

福岡 和子教育委員長

▲福岡 和子教育委員長

 

 

 

協議の様子

▲協議の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

課名 義務教育課(市町村教育推進室)
連絡先 029-301-5229


平成24年7月27日掲載

 

 7月25日(水曜日)、滋賀県大津市で昨年10月に起きた市立中学校2年の男子生徒が自殺した問題を受けて、「いじめ問題」に対する対応等を議論するため緊急の「教育委員協議会」が開催されました。

 

 今回の大津市の問題に関しては、学校現場におけるいじめに対する認識の欠如や危機意識の欠如、学校と教育委員会の連携の不備などが問題になっています。

 

 そこで、教育委員からは、

  •  いじめの未然防止、早期発見・早期対応のためには、子どもの話を良く聞くなど地道な活動が大切であること
  •  個々の教師の観察能力や発見能力を高めるなど資質向上が必要であること
  •  問題対応に関する県の組織について、新た組織の検討を行うとともに、各教育事務所の生徒指導班などのすでにある体制が十分機能するよう見直しを行うことが必要である

 などの意見が出ました。

    また、今回の協議会の結果、市町村教育委員会の教育長や委員長からも広く考え方などを伺い、具体的な施策に結びつけるため、
  • 7月31日(火曜日) 市町村教育長協議会夏期研修会
  • 8月1日(水曜日) 市町村教育委員会委員長会議
  • の場において、改めていじめ問題についての対応策が話し合われ
    ることになりました。

 

 県教育委員会では、これまでも指導資料「いじめ問題の克服のために」を作成するなど、いじめを許さない学校づくりに取り組んでいます。

 今後とも、子どもたちが、安心して、楽しい学校生活が送れるようさらなる対策を進めていきます。

 

 

 ◆ 関連情報 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 義務教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5229(生徒指導推進室)  FAX 029-301-5239

E-mail gikyo@pref.ibaraki.lg.jp