茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 東日本大震災関連情報 > 県立学校(第3回)及び県立青少年教育施設等(第4回)の空間線量率測定結果

【平成23年東日本大震災関連情報(教育関係)】

県立学校(第3回)及び県立青少年教育施設等(第4回)の空間線量率測定結果

県教育委員会では,県立学校(第3回)及び県立青少年教育施設等(第4回)における空間線量率測定を,以下のとおり行いました。
測定の結果、いずれの施設においても、8月26日に文部科学省が示した、学校の校庭・園庭の空間線量率の目安である、地表面から50cm又は1mで毎時1.0マイクロシーベルトを下回っております。
また、今回の測定に先立ち、県立勝田工業高校及び勝田高校の局所(高い放射線量が想定される箇所)において、地表面から1mの空間線量率が毎時1マイクロシーベルトを超える数値が計測されたことから、以下のとおり除染を実施しました。

1 対象施設

(1) 県立学校122校(高等学校101校、特別支援学校21校(旧境西高等学校を含む))
(2) 青少年教育施設等5施設、博物館5施設、運動公園等4施設、生涯学習センター等3施設
印刷はこちらから

2 測定日

(1) 県立学校:平成23年11月25日(金曜日)から12月5日(月曜日)
(2) 青少年教育施設等:平成23年11月28日(月曜日)から30日(水曜日)

3 測定機器

(1) 県立学校:簡易放射線モニタ Radi PA-1000 (堀場製作所製)
(2) 青少年教育施設等:NaIシンチレーションサーベイメーター(アロカ社製)

4 測定箇所及び方法

(1) 各学校の校庭四隅と中央部(青少年教育施設等においては各施設の主な屋外施設)の5カ所で測定し、平均値を算出
・ 文部科学省が示した「文部科学省の実施している学校等の校庭・園庭における空間線量率の測定について」により測定(地表面から50cm又は1m)
(2) 側溝、雨どい下など、高い放射線量が想定される箇所(局所)
・ 文部科学省が示した「学校等における放射線測定の手引き」中の比較的高い箇所を発見するための測定法により測定(地表面から1cm及び50cm又は1m)

5 結果

(1)県立学校
●校庭5カ所の平均値(地表面から50cm又は1m)
  • 最も高い値 毎時0.350マイクロシーベルト(竜ケ崎南高・1m)
  • 最も低い値 毎時0.074マイクロシーベルト(下館一高・1m)
●高い放射線量が測定された場所(局所・地表面から1cm)
  • 最高値(高校) 毎時4.657マイクロシーベルト(高萩清松高・雨どい下)
  • 最高値(特支) 毎時2.244マイクロシーベルト(伊奈養護・雨どい下)
(2)青少年教育施設等
●主な屋外施設5カ所の平均値(地表面から50cm又は1m)
  • 最も高い値 毎時0.244マイクロシーベルト(白浜少年自然の家・50cm)
  • 最も低い値 毎時0.080マイクロシーベルト(県西生涯学習センター・50cm)
●高い放射線量が測定された場所(局所・地表面から1cm)
  • 最も高い値 毎時0.82マイクロシーベルト(水戸生涯学習センター・雨どい下)

6 局所の除染結果(今回の測定前に実施済)

(1) 勝田工業高校(10月13日(木曜日)、ハンドボールコート防砂ネット下)
  • 除染前 1.10μSv/h(1m)、7.00μSv/h(1cm)
  • 除染後 0.26μSv/h(1m)、0.26μSv/h(1cm)
(2) 勝田高校(11月24日(木曜日)・25日(金曜日)、テニスコートフェンス下)
  • 除染前 1.20μSv/h(1m)、7.50μSv/h(1cm)
  • 除染後 0.29μSv/h(1m)、0.45μSv/h(1cm)

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 保健体育課[県庁舎23階]

電話 029-301-5349(学校保健・安全担当)  FAX 029-301-5369

E-mail hotai@pref.ibaraki.lg.jp