茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口

働きながら高校へ行くには

Question

働きながら高校へ行くには

 

Answer

働きながら高校教育を受けるには、定時制課程または通信制課程の高校に入学して勉強する方法があります。本県では定時制課程を11校(単位制高校5校を含む)及び通信制課程を1校に設置しております。
定時制の修業年限は3年以上で、普通・農業・総合の各学科があり、水戸農業高校、水戸南高校(単位制)の昼間制並びに鹿島灘高校(単位制)、茎崎高校(単位制)及び結城第二高校(単位制)の午前部・午後部を除いて、夜間制です。有職者には教科書の無償給与、給食・修学奨励費の支給の利便が図られています。教育内容や卒業の際に与えられる資格は全日制と同じです。また、水戸南高校等の通信制を併せて履修することで、3年で卒業することも可能となります。
通信制については、「高校の通信教育を受けるには」のページで説明しています。

 

定時制のある県立高校

  • 日立工業 (総合学科、単位制)
  • 太田第一(普通科)
  • 水戸農業(農業科、昼間制)
  • 水戸南 (普通科、単位制、昼間制・夜間制)
  • 鹿島灘 (普通科、単位制、午前の部・午後の部・夜間の部)
  • 土浦第一(普通科)
  • 石岡第一(普通科)
  • 竜ヶ崎第一(普通科)
  • 茎崎 (普通科、単位制、午前の部・午後の部・夜間の部)
  • 結城第二 (普通科、単位制、午前の部・午後の部・夜間の部)
  • 古河第一 (普通科)

通信制のある県立高校

  • 水戸南高校(普通科・ライフデザイン科、単位制)

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5251(高校教育改革推進室)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp