茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口

公立小・中学校の就学について

Question

通学区域とは

 

Answer

市町村教育委員会は、その市町村に住所がある就学予定者について住民基本台帳に基づき学齢簿を作り、その就学予定者の保護者に、入学期日の通知を行うこととなっていますが、その市町村の設置する小学校又は中学校が2校以上あるときには、入学期日の通知といっしょに、その就学すべき学校を指定しなければならないこととなっています。
そこで、市町村教育委員会は、あらかじめ各学校にあわせてその地域を分け、児童・生徒の住所に応じ、それぞれの就学すべき学校を定めています。この各学校に通学すべき地域を、一般に通学区域と呼んでいます。

 

Question

区域外就学とは

 

Answer

保護者は、子女を市町村教育委員会から指定を受けた小・中学校に就学させなければなりませんが、この原則の特例として、保護者の希望により、所定の手続を経て、他の学校へ就学させることが認められています。この制度を区域外就学と呼んでいます。
この区域外就学には、次の場合が該当します。

  • 私立の小・中学校へ就学させる場合  
  • 国・公立大学の付属小・中学校へ就学させる場合 
  • 他の市町村の設置する小・中学校へ就学させる場合 

なお、この区域外就学に似た制度として、同じ市町村内に小・中学校が2校以上ある場合に、市町村教育委員会は、保護者の申立てにより就学すべき学校として指定した学校を変更することができる制度があります。この制度を指定校の変更と呼んでいます。

 

Question

他の市町村の設置する小・中学校への就学(区域外就学)が認められるのはどんなとき

 

Answer

義務教育は、原則的には住所地の市町村が責任を負って行うこととなっていますので、他の市町村の小・中学校への就学が認められる事由には、次のような真に必要があるときに限られています。

 
  • 地理的条件から住所地の小・中学校へ通学することが困難(危険)であるとき
  • 通学距離,通学時間あるいは交通の便からやむを得ないとき
  • 児童・生徒の身体上の理由によるとき
  • いじめ,不登校など教育的な配慮が必要なとき
  • 家庭の事情によるとき

 

Question

区域外就学の手続きは

 

Answer

  • 私立の小・中学校又は国・公立大学の付属小・中学校へ就学させる場合
    学校からの就学承諾書を添えて、お住まいの市町村教育委員会に届け出ることとなっています。
  • 他の市町村の設置する小・中学校へ就学させる場合
    希望する市町村教育委員会の就学承諾書を添えて、お住まいの市町村教育委員会に届け出ることとなっています。この場合、受入れ側の市町村教育委員会は、保護者に就学の承諾をする前に、住所地の市町村教育委員会と協議するものとされています。

 

Question

指定校の変更が認められるのはどんなとき

 

Answer

就学すべき学校の指定は、特定の学校への集中を避けることなどから、通学距離や学校規模などを考え、あらかじめ設定された通学区域に従って行われるものですから、希望すれば認められるものではありません。次のような真に必要があるときに限られています。

 
  • 地理的条件から住所地の小・中学校へ通学することが困難(危険)であるとき
  • 通学距離、通学時間あるいは交通の便からやむを得ないとき
  • 児童・生徒の身体上の理由によるとき  
  • いじめ、不登校など教育的な配慮が必要なとき
  • 家庭の事情によるとき    

 

Question

指定校の変更の手続きは

 

Answer

お住まいの市町村教育委員会に申し出てください。

 

Question

通学区域に関する相談はどこにすればいいの

 

Answer

就学すべき学校の指定は、市町村教育委員会が行うことになっていますので、詳しいことが知りたいときには、お住まいの市町村教育委員会に相談してください。

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 義務教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5215(管理担当)  FAX 029-301-5239

E-mail gikyo@pref.ibaraki.lg.jp