茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 困ったときは(よくある質問), 教育相談窓口 > 困ったときは(よくある質問) > 障害のある子どもたちの就学(転入学)の手続きは

障害のある子どもたちの就学(転入学)の手続きは

Question

障害のある子どもたちの就学(転入学)の手続きは

 

Answer

障害のある子どもたちを対象にした特別な教育の場としては、特別支援学校や小・中学校の特別支援学級、通級指導教室等があり、一人一人の教育的ニーズや発達段階等を考慮して適切な教育が行われています。
就学(義務教育段階)にあたっての相談の窓口は、お住まいの市町村教育委員会です。市町村教育委員会は、保護者及び教育学、医学、心理学その他専門的知識のある方の意見を聴き、それを踏まえて適切な就学先を決定します。
視覚や聴覚に障害がある就学前の乳幼児には、早期教育や幼稚部での教育が行われていますので、県立盲学校及び県立水戸聾学校、県立霞ヶ浦聾学校にお問い合わせください。
特別支援学校の高等部入学にあたっては、各学校で入学者選考が実施されますので、事前に教育相談等を受けてください。詳細については最寄りの特別支援学校へお問い合わせください。

 

お問い合わせ・相談先

市町村教育委員会又は特別支援学校

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 特別支援教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5280(指導担当)  FAX 029-301-5289

E-mail tokukyo@pref.ibaraki.lg.jp