茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 困ったときは(よくある質問), 教育相談窓口 > 困ったときは(よくある質問) > 公立小・中学校への外国人児童生徒の受入れは

公立小・中学校への外国人児童生徒の受入れは

Question

公立小中学校の外国人児童生徒の受け入れは

 

Answer

県内でも、外国人登録者は年々増加しています。それに伴い、外国籍の児童生徒の受け入れ数も増えてきています。
市町村教育委員会では、公立義務教育諸学校への入学を希望する在日外国人がその機会を逸することのないよう、就学年齢に相当する子女を持つ在日外国人の保護者に対して、就学案内を発給しています。 
外国人児童生徒が何学年に編入するかについては、原則として年齢相当の学年に編入することになりますが、日本語能力などの諸般の事情から相当学年での学習が困難である場合は、一時的に下の学年で学習し、学校生活に適応した後、相当学年に戻す措置をとることもあります。
詳しくは、お住まいになる市町村教育委員会までご相談ください。

 

県立高校の場合

入学者選抜については、「県外・外国からの県立受験について」をご覧ください。
編入については、直接学校へお問い合わせ下さい。

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 義務教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5215(管理担当)  FAX 029-301-5239

E-mail gikyo@pref.ibaraki.lg.jp