茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 学校教育 > 小・中学校教育 > 生徒指導 > 不登校児童生徒解消支援事業

不登校児童生徒解消支援事業

 

 不登校状態の解消を図る対策や、不登校状態の未然防止を図る施策を展開します。

 

事業の概要

(1)不登校解消モデル事業

 公立中学校30校、公立小学校12校を不登校解消モデル校とし、不登校問題の解消に取り組みます。

  1. 不登校解消支援教員加配
  2.  中学校モデル校30校に不登校解消支援教員を配置します。
  3. 「スクールライフサポーター」の配置
  4.  小学校モデル校12校に不登校児童生徒の相談相手や家庭訪問をするスクールライフサポーターを配置します。

(2)保護者対象のリーフレットの作成・配付

 中学校1年生のすべての保護者に、関わりの参考になる内容や情報を掲載した啓発資料「思春期の子どもの心に寄り添うために」を配付します。

 

 資料は「PDFファイル形式」で提供しております。

  ご覧になるにはアクロバットリーダー(無料)が必要ですので、雑誌などから入手するか

  こちらから ダウンロードしてください。

「思春期の子どもの心に寄り添うために

リーフレットイメージ画像

▲リーフレットイメージ画像

全ページ一括ダウンロード【PDF:8.1MB】

相談窓口リーフレット

相談窓口リーフレット

▲リーフレットイメージ画像

ダウンロード【PDF:344KB】


(3)適応指導教室ネットワーク会議の開催

 市町村が設置する適応指導教室の指導員等を対象に、年に2回、ネットワーク会議を開催し、情報交換をしたり研究協議を行ったりしています。

 

不登校児童生徒数(公立)

単位:人

小学校 中学校
全国 全国
平成15年度 551 23,967 2,546 100,088
平成16年度 486 23,186 2,403 97,802
平成17年度 472 22,566 2,376 96,972
平成18年度 500 23,643 2,466 99,857
平成19年度 488 23,752 2,540 102,113
平成20年度 455 22,506 2,561 100,709
平成21年度 434 22,189 2,440 97,012
平成22年度 485 22,314 2,353 94,254
平成23年度 448 22,442 2,247 91,597
平成24年度 500 21,032 2,192 88,180
平成25年度 558 23,982 2,245 91,802
平成26年度 570 25,646 2,273 93,143

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 義務教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5229(生徒指導推進室)  FAX 029-301-5239

E-mail gikyo@pref.ibaraki.lg.jp