茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口

道徳教育のページ

中学校の資料

1-(2) こんな気持ちで終わりたくない!
-部活動を最後までやり抜いて得られた大切なもの-

  部活動に目標を見失い練習に対してやる気がなくなっていく私に共感しながら、強い意志をもって最後までやり遂げることの大切さやすばらしさを実感できる資料である。

 

1-(3) どうしよう
正直に言えなかったことはありませんか

  軽率な行動でぬれてしまった掲示物。「知りません」と答えてしまって…。身近な出来事を取り扱った資料。

 

1-(2) 京谷さんの講演会を聞いて感動した教師による自作資料
元Jリーガーの新たなる挑戦!
-どん底からはい上がる京谷和幸さんの生き方に学ぶ-

 サッカー少年のあこがれの存在Jリーガー。そんなJリーガーの一人京谷和幸さんは、 あるとき突然の事故に遭い、車椅子生活を宣言される。

 

1-(3) 「まじめ」の規準

  まじめさとは、その行為で判断するのではなく、 心がこもっているかどうかが大切であるという考え方でとらえさせたい。

 

1-(3) 夢美しい花火、でも僕の心は・・・
-生徒の心の葛藤を引き出す自作資料-

  千波湖の花火大会に出かけた「僕」。夜空に上がる美しい花火とは裏腹に顔を上げられない「僕」。 心の葛藤場面を映し出した自作資料。

 

1-(4) 私たちの町に夢と希望が広がります
-川の水質浄化に取り組む市川はつゑさんの
生き方にふれる-

 心の迷いに打ち勝って、自分の夢と希望を実現していこうとする力を与えてくれる資料である。

 

2-(2) 真の「思いやり」とは・・・?
-相手の気持ちがわからない-

 「大丈夫よ。一人で歩いていけるわ。」そう言った女性の気持ちがわからなかった主人公。 よかれと思ってしたことが受け入れられなかったとき、あなたはどう感じますか。

 

2-(2) あなたは何を笑いますか
-「笑い」を考えることを通して温かい人間関係を築く-

  日常生活の中にあふれている笑い。その笑いの中に、「人を傷つける危険な笑い」と 「人を勇気づける温かい笑い」とがあることを、あなたは意識して生活していますか。

 

2-(3) 見つめよう 友達との絆を

  最高に盛り上がった合唱祭。収録したVtrを見てそのときの様子を振り返るだけではもったいない。合唱祭という学校行事と関連を図った総合単元的な道徳学習には、まさにうってつけの資料です。

 

2-(3) 許せない だから・・・
~親友の裏切りにあった時、あなたならどうしますか~

  信じていた絵莉子に悪口を言われていたと知ったみどり。裏切られたショックをメールでみんなに訴えるが、思った以上に波紋は大きく、絵莉子はみんなから仲間はずれにされてしまい、みどりは考え込んでしまう。身近に起こりそうな、自分自身のこととしてとらえやすい資料です。

 

3-(2) 見つけよう牛久 学ぼう地域から
-牛久沼とともに生きる-

  地域の方の協力を得た道徳教育の実践研究校として、平成11・12年度に文部省の指定を受けた 牛久市立牛久第三中学校の自作資料。

 

4-(4) けがをしたエース
-みんなのために、自分がやれることは-

  けがを押して投げるべきか、みんなのためにレギュラーからはずしてもらうべきか、悩む亮太は・・・。

 

4-(4) 気持ちはひとつ!走れ3A
運動会 むかで競争奮闘記
-優勝目指して奮闘する生徒たちの完走までの軌跡-

  生徒作文をもとに、優勝に向かって奮闘する生徒たちの姿を描いた自作資料。 迫力ある音声データもダウンロードできます。

 

4-(4) 仮装大賞「やったぞ!大賞」
-生徒の興味関心を高め、感銘を与えられるような
教師の体験に基づいた自作資料-

  「仮装大賞」というテレビ番組に学級みんなで出場し、見事大賞に輝いた学校の実話に基づいて創作した資料。

 

4-(2) あなたなら声をかけますか?
~社会の一員であるという自覚とは~

  部活に勉強にいつも一生懸命に取り組むひろみ。
今日も部活が終わって塾のテストへ向かう途中、ひとりのおばあさんを見かけます。そのおばあさんは道がわからずに困っている様子です。
そのときひろみは.....

 

4-(2) 自分だけはいい
-あなたの中にそんな気持ちはありませんか-

  やっとつかんだ県大会出場。大会を前に体調を崩した愛は、どうしても練習がしたい…。 でも練習場は、いっぱい…。あなただったら…?共に考えて欲しい資料。

 

4-(3) 黙っていられない

真一は、幼なじみの明子と同じクラスになったが、明子は幼いときに交通事故に遭って、足を引きずるようになっていた。いつしかそんな明子がからかいの対象になってしまった。その時、真知子がたまらず言った言葉を聞いて真一は・・・。 差別や偏見について考えさせる自作資料。

 

4-(3) 教師による学年道徳の実践
-役割演技から日常にひそむ「いじめ問題」に迫る-

  相手の心の痛みを感じとらせるのにきわめて有効な手段である役割演技を、学年の教師が熱演した! その成果は、そして、そのノウハウは…

 

4-(3) そのとき僕は
テストで親友の不正行為を目撃してしまったら

  部活動で苦楽を共にした親友が、テスト中に不正行為を繰り返すところを目撃してしまった…。
どうしよう…。身近な話題から考えさせる資料です。

 

4-(3) 忘れられないおじの顔

  偶然聞いた「障害は悪いことなのか」というそば屋の主人の言葉が、主人公の胸に突きささる。主人公の気持ちの変容を描いた自作資料。

 

4-(5) ぼくたちの海
-「ボランティアの心」って何だろう-

  地域への奉仕活動として本校で毎年行っている海岸清掃を題材にした、体験と心を結ぶ自作資料である。

 

4-(6) 僕が感じた祖父の手のぬくもり
-『口うるさいだけ』と思っていた祖父の急病に
動かされた僕の心-

  突然祖父が入院した。うるさい祖父がいなくなった家の中で、何か落ち着かない主人公。そして、祖父の病室で改めて知る家族の温かさ。

 

4-(7) 互いに励まし合って、高め合っていくために
―力を合わせて取り組もう―

  学級の一員として協力し合う大切さを知り、学級が一つにまとまることの素晴らしさや、そこから生まれる充実感を実感し、集団に積極的にかかわる態度を育てるための資料である。

 

4-(8) 大好き久慈浜、輝く海岸を目指して
-体験活動を取り入れた道徳教育-

  朝早くからみんなで集まったクリーン作戦。私たちの海岸はたくさんのゴミで汚れていた。力を合わせて働くとみんながいい顔になっていた。中学3年生の作文に学ぶ「郷土への思い」。

 

1年 4-(5)
2年 1-(4)
3年 4-(9)
万能薬「手もみ茶」づくりの名人
-手もみ茶は心の万能薬でもあった!!-

  皇室へも献上したことのある「手もみ茶」づくりの名人小室さん。子供たちは、小室さんの仕事への情熱から「働く喜び」「伝統文化」「より高いものを目指す心」などを学んでいく。

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁義務教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5226(指導担当)  FAX 029-301-5239

E-mail gikyo@pref.ibaraki.lg.jp