茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 学校教育 > 小・中学校教育 > 確かな学力を育む > 小学校における外国語活動

小学校における外国語活動

 

 小学校5・6年生を対象に、週1時間、外国語(英語)活動を実施し、言語や文化について体験的に理解を深め、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育成します。

 平成23年度から全面実施される新しい学習指導要領において、小学校で新たに外国語活動を行うことになっていますが、茨城県では先行して平成21年度から実施しています。

 

1 このような児童の姿を目指します

(例)

  • 相手の話をよく聞いて相手の思いを理解しようとする児童
  • 自分の考えを持ち、積極的に自分の思いを伝えようとする児童
  • 言葉や文化の大切さと豊かさに気付き,尊重する態度を身に付けようとする児童

 

2 中学校の英語教育との違い

 中学校の英語教育は、英語を習得するために文法や文型など言語のルールを学びます。一方、小学校の外国語活動は、英語の習得が目的なのではなく、英語を聞いたり話したりする体験的な活動を通して、コミュニケーション能力の素地を養うことを目指すものです。

 

3 具体的な活動内容

 例えば、「あいさつをする」「歌を歌う」「簡単なゲームをする」など、児童と先生、児童と児童がやりとりするような活動を行います。外国語の音声を聞いたり、ジェスチャーなどを用いたりして、コミュニケーションを図りたくなるような活動を行います。

 ALT(外国語指導助手)や地域のボランティアが授業に加わって、ティーム・ティーチングを行うこともあります。

 

4 外国語活動を体験した子どもたちの様子(研究指定校の報告書から)

  • あいさつやお礼などのソーシャル・スキルが高まった。
  • 日常生活でもふれあう機会が増え、交友関係もよくなった。
  • 今まで知らなかった友達のことを知る楽しさに気付き、積極的にコミュニケーションを図ろうとする意欲が高まった。
  • 外国に対する興味・関心が高まった。

 

5 教員の指導力の向上

 外国語活動は、小学校の教員にとって新しい教育内容です。外国語活動の目的を正しく理解し、指導力を高めることが必要です。

 本県では、2年間にわたり県内14の研究指定校において先進的に外国語活動を実践しましたので、その成果を教員の研修に生かしたり、指導の手引きを作成したりして、教員の指導力の向上に努めています。

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 義務教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5226(指導担当)  FAX 029-301-5239

E-mail gikyo@pref.ibaraki.lg.jp