茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 学校教育 > 小・中学校教育 > 信頼される学校づくり > 公立小・中学校の適正規模

公立小・中学校の適正規模

目次

 資料は「PDFファイル形式」で提供しております。

 ご覧になるにはアクロバットリーダー(無料)が必要ですので、雑誌などから入手するかこちらからダウンロードしてください。

 

 

小規模校における特色ある取組に関する事例

 茨城県教育委員会では、学校の適正規模に向けた取組として統廃合が行われています。しかし、学校は地域コミュニティの核としての性質もあることから、学校統合の検討には慎重な議論が必要となります。
 そこで今回、これから統合を検討する地域、あるいは統合を検討して小規模校として存続することを決定した地域の参考となるよう、小規模校における特色ある取組を紹介します。ここで紹介する取組以外にも、各学校で特色ある取組が充実していますので、詳しくは各学校のホームページをご覧ください。

 

 

学校統合事例集

 茨城県教育委員会では、学校統合する際に生じた課題やその解決に向けた取組について周知するため、統合した学校を訪問して調査を行い、事例集を作成しました。

 この事例集が、今後統合を検討していく市町村教育委員会をはじめ、学校、保護者や地域の皆様の参考となり、児童生徒にとって望ましい教育環境作りの一助となることを期待しております。

 

 

市町村立小・中学校の統合に関する調査

 茨城県教育委員会では、小・中学校の適正配置に関する考え方や施策を検討していくうえでの参考とするため、学校統合を行った市町村及び統合校を対象とした実態調査を行い、その結果がまとまりました。

 この結果がそれぞれの市町村や統合を予定している学校等において参考となり、地域の実情に応じた、児童生徒にとって望ましい教育環境づくりの一助となりますことを期待しております。

未来を担う子どもたちのこれからの学校づくりのために-これまでに統合した学校の対応例-(平成23年3月作成)

 茨城県教育委員会では、公立小・中学校の統合について、保護者の方々や地域の皆さんによりご理解をいただくため、学校統合の際の対応例などを紹介したリーフレットを作成しました。

 このリーフレットが、保護者の方々や地域の皆さんがこれからの学校づくりを考える際の参考となり、それぞれの市町村において学校の適正規模・適正配置の取り組みがさらに進みますことを期待しております。

 

 

 ※ 印刷する場合は、上記の(印刷用)のPDFファイルをA3両面カラーで印刷してください。

 

未来を担う子どもたちのこれからの学校づくりのために(平成20年8月作成)

 茨城県教育委員会では、平成20年4月に公立小・中学校の適正規模・適正配置について、子どもたちのよりよい学習環境や生活環境、人間関係の構築の面などから、望ましい学校の目指すべき姿を示しました。

 このリーフレットが、未来を担う子どもたちのために、よりよい教育環境の実現をめざして、保護者の方々や地域のみなさんが一緒になって、これからの学校づくりを考えるきっかけとなり、それぞれの市町村において学校の適正規模・適正配置の取り組みがさらに進みますことを期待しております。

 

 

 ※ 印刷する場合は、上記の(印刷用)のPDFファイルをA3両面カラーで印刷してください。

 

公立小・中学校の適正規模について(指針)

 学校においては、児童生徒の社会性の育成並び互いに切磋琢磨する場として一定の規模が必要でありますが、急激な少子化の進行に伴い、本県において学校の小規模化や複式学級が増加しており、今後の人口統計からもその傾向は加速していきます。

 また、このような状況を踏まえて市町村教育委員会において、小・中学校の適正規模や適正配置に向けた取組を検討しようとするなかで、県として望ましい適正規模の基準について提示することが強く望まれています。

 学校の適正規模や適正配置については、設置者である市町村がそれぞれの歴史や地域との関わりを考慮しながら主体的に判断するべきものでありますが、県として児童生徒のより良い教育環境や学習環境、人間関係の構築などから望ましい学校の目指すべき姿を示すものです。

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 義務教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5215(管理担当)  FAX 029-301-5239

E-mail gikyo@pref.ibaraki.lg.jp