茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 学校教育 > 健康や体力を育む教育 > 食育・学校給食 > 学校給食における各市町村の地場産物活用割合について

学校給食における各市町村の地場産物活用割合について

 茨城県では、児童生徒が地域の自然や文化、産業等に関する理解を深め、生産者の努力や食に関する感謝の念を育むことができるよう、学校給食への地場産物の活用促進に努めており、その活用状況について調査を実施しております。
 平成28年度の調査結果については、県全体で52.8%でした。(詳細は「調査結果」のとおり)

 

調査対象

 県内の栄養教諭・学校栄養職員の配置されている全ての給食調理場

 

調査期間

 平成28年11月21日(月曜日)~11月25日(金曜日)

 

算出方法

 食材数ベースによる算出(全食材数に対して、茨城県産の食材数が占める割合)

 

調査結果

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 保健体育課[県庁舎23階]

電話 029-301-5356(学校給食担当)  FAX 029-301-5369

E-mail hotai@pref.ibaraki.lg.jp