茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 芸術文化・スポーツ > 芸術文化 > 無形民俗文化財の選択について

無形民俗文化財の選択について

平成21年 1月22日掲載

1 国選択無形民俗文化財(記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財)の答申物件

 平成21年1月16日(金)に開催された国の文化審議会において、以下の物件が文部科学大臣に対して答申されました。

 これにより、本県における国選択無形民俗文化財は18件になります。

 

名称(分野) 所在地
お枡廻しの習俗(風俗慣習)
鹿島みろく(民俗芸能)
福島県、茨城県(大子町)
茨城県鹿嶋市

 

神体として祀られた御枡(大子町下野宮)

▲神体として祀られた御枡(大子町下野宮)

大町みろく保存会による鹿島みろく

▲大町みろく保存会による鹿島みろく

 

2 特徴

 お枡廻しの習俗は、福島県の東白川郷、石川郡、白河市、茨城県の久慈郡大子町などの都々古別神社や近津神社を祀る集落で五穀豊穣を願って行われる。枡そのものや籾を入れた枡を神体にして複数の集落が祭祀を引き継いでいく特色ある習俗である。

 

 鹿島みろくは、太鼓を伴奏に鹿島信仰にかかわる歌を歌ったり、歌に合わせて踊ったりする民俗芸能である。毎月1日などの決まった日に女性が集まり、鹿島神宮や地区の神社に奉納するために行われ、南関東周辺に分布する同種の芸能と共通する楽器や歌詞を持つなどの特色がある。

 

※国選択無形民俗文化財(記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財)について

 いわゆる国選択無形民俗文化財とは正式には「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」といい、伝承の状態など実態が把握できていない、あるいは国指定にするまでの価値付けが明確でない無形民俗文化財の中で、貴重であり、伝承の危機などが考えられるものを指定している。

 

関連情報

 いばらきの文化財

 文化庁ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5447(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp