茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 芸術文化・スポーツ > 芸術文化 > 歴史の道 > 古代第1回調査 藻島駅路跡(めしまうまやじあと)、長者山遺跡(ちょうじゃやまいせき)

歴史の道調査事業 古代第1回調査

日時

 平成23年10月3日(月曜日)

参加者

 田中(専門委員)、西野(調査員)、太田(調査員)、吹野(事務局)

 

藻島駅路跡(めしまうまやじあと) 日立市十王町伊師字坂上
長者山遺跡(ちょうじゃやまいせき) 日立市十王町伊師

調査の概要

 今回の調査は、「藻島駅路跡」及び「長者山遺跡」についての定点調査です。「長者山遺跡」は、常陸国府(※現在の石岡市)から、現在の日立市十王町伊師を経て、宮城県岩沼市あたりで東山道に合流するまでの東海道陸奥海道(仮称)における「藻島駅家(めしまのうまや)」の有力な候補地と目されています。本日は、日立市郷土博物館が実施している「長者山遺跡」の発掘調査について現地視察をしたものです。

 

「藻島駅路跡」の概要

 「藻島駅路跡」は、愛宕神社の北側に位置し、台地縁辺部から北東に向かって傾斜する斜面部にかけて立地しています。当遺跡の調査は、平成17年度に十王町史編さん事業の一環として古代道路を調査していく中で実施され、幅6.25m前後の官道であることが確認されました。

 切り通し状の地形については、地山を人為的に大きく掘り込み、底面の両端には排水的な機能を持つ溝を設置していたことが平成17年度の調査によって確認されています。

 

「藻島駅路跡」の古代道路

 遺跡は市道十王坂・伊師町線の東側に確認でき、現況は林になっています。今回の調査では、市道十王坂・伊師町線に接する付近は樹木が伐採されていたので、直線的な切り通し状の地形が確認(※画像1参照)できました。この切り通し状の地形は、上端の幅が約10m、下端の幅が約6m、深さが約1.2mあり、下端の幅が古代道路の幅にほぼ当たります。

「藻島駅路跡」の現在の様子

▲画像1 「藻島駅路跡」の現在の様子

 

「長者山遺跡」の概要

 「長者山遺跡」は、平成18年度に「藻島駅路跡」から続く官道を確認することを目的に日立市郷土博物館が発掘調査を実施し、愛宕神社境内で発見された新発見の遺跡です。

 愛宕神社周辺は『常陸国風土記』多珂郡の条に記された「藻島駅家」の有力な候補地で、『続日本紀』及び『日本後紀』には「藻島駅家」が養老3年(719年)から弘仁3年(811年)まで設置されていたことが記されています。

  日立市郷土博物館が本年度までに実施した発掘調査の成果は、次のとおりです。

  • 平成18年度発掘調査…愛宕神社境内の北部を調査し、古代道路跡に隣接して確認された区画溝内に、礎石建物跡2棟を確認しました。
  • 平成19年度発掘調査…区画溝の位置及び範囲を確認しました。
  • 平成20年度発掘調査…区画溝内に新たな礎石建物跡2棟を確認し、建物跡の周辺から炭化米が出土しました。
  • 平成21年度発掘調査…区画溝内の遺構は、掘立柱建物跡(8世紀後半~9世紀代)と礎石建物跡(10世紀代)があり、2時期の遺構があることを確認しました。
  • 平成22年度発掘調査…区画溝内に新たな礎石建物跡を確認しました。
  • 平成23年度発掘調査…区画溝内に新たな掘立柱建物跡及び礎石建物跡を確認し、掘立柱建物跡の周辺から墨書土器が出土しました。

 

「長者山遺跡」の調査成果について

 「長者山遺跡」は、8世紀後半~9世紀代には掘立柱建物跡で構成される官衙でしたが、10世紀代には礎石建物跡で構成され、正倉(倉庫群)の機能を有する官衙に変遷したことが考えられます。8世紀後半~9世紀代の掘立柱建物跡は「藻島駅家」を構成する建物で、駅家の廃止後(811年)に当たる10世紀代の礎石建物跡は官衙別院の倉庫であったことが想定されます。

 

(写真左)現地調査状況、(写真右)現地調査状況

▲(写真左)現地調査状況、(写真右)現地調査状況

 

「長者山遺跡」南側の古代道路

 愛宕神社の南側に位置し、台地の中央部から縁辺部にかけて立地しています。わずかな窪みが直線的に確認されており、古代道路の痕跡であると考えられます。

 

(写真左)長者山遺跡の隣接地、(写真右)台地の縁辺部

▲(写真左)長者山遺跡の隣接地、(写真右)台地の縁辺部

 

参考文献

  • 日立市郷土博物館 2009 『長者山遺跡』 日立市文化財調査報告第80集
  • 日立市郷土博物館 2010 『長者山遺跡』 日立市文化財調査報告第84集
  • 日立市郷土博物館 2011 「長者山遺跡調査成果現地説明会資料」

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5447(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp