茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 芸術文化・スポーツ > 芸術文化 > 県立美術館・博物館 > 県立美術館・博物館の展覧会情報

県立美術館・博物館の展覧会情報

 職員一同、ご来館を心よりお待ちしておりますので、ぜひ、おでかけください。

 

 

お得な情報

 

▼館名をクリックすると、各館の展覧会情報にジャンプします。

 

▼以下の各館の情報はクリックすると、各館のホームページに移動します。

茨城県近代美術館

近代美術館

〒310-0851 水戸市千波町東久保666-1  TEL 029-243-5111

 

現在開催中及び近日開催の展覧会

展覧会名

企画展 無限迷宮への夢 エッシャーの世界

解説

 20世紀オランダが生んだ異才の版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャー(1898-1972)。「変容、無限、二次元と三次元の相克」といった抽象概念をテーマに、幾何学的パラドクスを駆使した独自の画風で400点以上の作品を残しました。誰の心にもひそむ素朴で純粋な好奇心をくすぐる作品は、世界中で多くの人々に親しまれ、日本でも高い人気を誇ります。
 本展では、主にオランダのエッシャー財団が所蔵する貴重なコレクションから厳選した約90点の版画の代表作と、下絵やスケッチなど約30点の資料により、エッシャーの迷宮世界に迫ります。エッシャーの名を世界的に有名にした「だまし絵」の魅力とともに、そこに到達するまでの様々な表現への挑戦や、エッシャーの人となりについても理解していただけることでしょう。既成のものの見方にとらわれず、人間の自由な想像力を解放する不思議の世界を、あなたも体験してみてください。

開催期間

平成28年6月7日(火曜日)~7月10日(日曜日)

入館料  

一般

1,190円(1,080円)

高大生

980円(850円)

小中生

480円(360円)

※( )内は20名以上の団体料金

 

参加型の企画のご案内

 

 

茨城県つくば美術館

つくば美術館

〒305-0031 つくば市吾妻2-8  TEL 029-856-3711

 

貸しギャラリー展覧会

 展示室を一般に貸し出し、貸しギャラリーによる展覧会を実施しております。主催者の都合により、展覧会が中止となることも予想されますので、お出かけの際には、つくば美術館のホームページでご確認ください。

展覧会名 ギャラリー展覧会
開催期間 展示により異なります。
入館料   展示により異なります。
詳細は美術館ホームページでご確認ください。

 

 

参加型の企画のご案内

 

茨城県天心記念五浦美術館

天心記念五浦美術館

〒319-1703 北茨城市大津町椿2083   TEL 0293-46-5311

 

現在開催中及び近日開催の展覧会

展覧会名

寺田コレクション受贈記念
平成の日本画 時代を拓(ひら)く画家たち

解説

 天心記念五浦美術館では、寺田小太郎氏が収集してきた日本画コレクションによる展覧会を平成25年と26年の2回にわたり開催し、これを機に寺田氏から茨城県近代美術館に25点の日本画が寄贈されました。寺田氏が収集してきた日本画の多くは、「山紫水明」や「花鳥風月」の言葉に代表される日本人の美意識を表した作品や、自然に対する畏敬の念が感じられる作品など、日本人の自然観を反映したものとなっています。所属する美術団体や受賞歴にこだわることなく、寺田氏独自の審美眼で選んだコレクションは、現代日本画壇の一断面を示すものとして高く評価されています。
 寺田氏から寄贈された日本画を一堂に紹介する本展では、戦後の日本画檀を牽引してきた郷倉和子、稗田一穂らによる優品から、日本画の新たな可能性を切り拓く作家として注目を集めるフジイフランソワ、田中武らによる意欲作までを展示します。また、寺田氏が東京オペラシティアートギャラリーに寄贈した西田俊英の屏風の大作「飄々海々(ひょうひょうかいかい)」もあわせて出品し、時代を拓く画家たちによる26点の作品を紹介します。

開催期間

平成28年6月17日(金曜日)~7月18日(月曜日・祝日)

入館料

一般

310(260)円

高・大学生

210(150)円

小・中学生

150(100)円

 

 

茨城県陶芸美術館

陶芸美術館

〒309-1611 笠間市笠間2345  TEL 0296-70-0011

 

現在開催中及び近日開催の展覧会

展覧会名

- 陶に游んだ。陶を究めた。-   人間国宝 石黒宗麿のすべて

解説

 最新の知見に基づく「鉄釉陶器」の人間国宝 石黒宗麿(1893-1968)の、約20 年ぶりの回顧展です。宗麿は特定の師を持ちませんでしたが、中国の唐・宋時代の古陶磁を研究するなかで幅広い陶芸技法を体得し、独創的な陶芸の世界を築き上げていきます。戦後はチョーク釉の新技法や、藍彩など低下度色釉を駆使した、従来どこにもなかった作品を創出。自由な気分と近代感覚に溢れた、斬新で品格ある作品を生み出し続けました。
 本展では、陶芸作品124 点と書画14 点に加え、宗麿が研究した中国唐・宋時代の古陶磁も併せて展示し、宗麿芸術の全貌を紹介します。 

開催期間

平成28年4月16 日(土曜日)~ 6 月19日(日曜日)

入館料 一般 720円(570円)
高・大生 510円(410円)
小・中生 260円(210円)

 

参加型の企画のご案内

 

茨城県立歴史館

茨城県立歴史館

〒310-0034 水戸市緑町2-1-15  TEL 029-225-4425

 

現在開催中及び近日開催の展覧会

展覧会名

テーマ展Ⅱ 水府美術譚

解説

 水府とは、水戸の異称です。転じて水戸藩を指す言葉にも使われました。江戸時代の水戸で活躍した画人、画家はどのような人たちだったのでしょうか。その忘れかけている物語を、水戸市立博物館の近世絵画の資料で紹介いたします。狩野派系の御用絵師、中国からの亡命僧 東皐心越(とうこうしんえつ)や藩士の立原杏所(たちはらきょうしょ)、萩谷遷喬(はぎのやせんきょう)の作品。そして個性的な画を描いた桜井雪館(さくらいせっかん)や林十江(はやしじっこう)、水戸や常陸にゆかりのある小泉斐(檀山)(こいずみあやる(だんざん))や月僊(げっせん)など、その豊饒なコレクションをお楽しみ下さい。

開催期間

平成28年6月16日(木曜日)~7月31日(日曜日)

入館料

一般

150円(120円)

大学生

80円(60円)

高校生以下

無料

 

参加型の企画のご案内

 

ミュージアムパーク茨城県自然博物館

自然博物館

〒306-0622 坂東市大崎700  TEL 0297-38-2000

 

現在開催中及び近日開催の展覧会

展覧会名

第66回企画展
 モンゴル・ステップ  大草原 ―花と羊と遊牧民―

解説

 ユーラシア大陸の中央部、中国東北部からハンガリーに至る東西1万kmにわたる草原を「ステップ」とよびます。ほとんど木の影さえ見ない開けた草原。ステップは、一本の帯のように果てしなくつながる草の海のようです。 
 草原の民は、この広大なステップで羊や牛などの家畜を飼う遊牧生活を営んできました。ステップは手つかずの自然ではなく、自然と人間の共同作業によってつくられた生態系です。遊牧民は、この土地で家畜を放牧する場合、どのくらいの数であれば草原を荒廃させることはないか経験的に知っていました。そして、衣食住に関するすべてのものが家畜とともにあり、厳寒の冬でも家畜の糞さえあれば食事の火と十分な暖を取ることができます。
 しかし、このステップにも、過放牧による草原の砂漠化などいろいろな問題が起こりつつあります。
 この企画展では、モンゴルのステップを中心に、草原をつくる植物とそこに生きる野生動物、そしてその大草原を舞台に織りなす家畜と人間の営みを紹介します。さらに、現在起こりつつある草原の危機と草原を守る取り組みも合わせて紹介します。
 さあ、みなさんもいっしょに、大草原の旅にでかけましょう。

開催期間

平成28年7月9日(土曜日)~9月19日(月曜日)

入館料

一般

740(600)円

高・大学生

450(310)円

小・中学生

140(70)円

 

参加型の企画のご案内

 

  • 上記企画展の他に常設展も開催しています。(つくば美術館を除く。)
  • 入館料の( )内は20名以上の団体料金です。
  • 休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合には翌火曜日が休館日となります。)及び年末年始(12月29日~1月1日)

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5445(芸術文化担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp