茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 芸術文化・スポーツ > 芸術文化 > 県立美術館・博物館 > 県立美術館・博物館の展覧会情報

県立美術館・博物館の展覧会情報

 職員一同、ご来館を心よりお待ちしておりますので、ぜひ、おでかけください。

お得な情報

 

▼館名をクリックすると、各館の展覧会情報にジャンプします。

 

▼以下の各館の情報はクリックすると、各館のホームページに移動します。

茨城県近代美術館

近代美術館

〒310-0851 水戸市千波町東久保666-1  TEL 029-243-5111

 

現在開催中及び近日開催の展覧会

展覧会名

開館30周年記念 美術館へのおくりもの―寄贈によるコレクション成長のあゆみ

解説

 美術館の作品収集の中で、大きな位置を占めるのが「寄贈」です。様々な「おくりもの」は、どのように当館コレクションの特色を育ててきたのでしょうか。収集の背景をたどりつつ、受贈作品によってコレクション30年のあゆみを振り返ります。

開催期間

平成30年4月21日(土曜日)~6月3日(日曜日)

入館料

一般

600(480)円

高校・大学生

360(310)円

小・中学生

240(170)円

※満70才以上の方、身体障害者手帳、療育手帳等をご持参の方は無料
※( )内は20名以上の団体料金
※土曜日は高校生以下無料(ただし、長期休業日に当たるときは除きます)

 

出前イベント「ハロー!ミュージアム」のご案内

 当館は、平成29年5月中旬~平成30年1月中旬まで、空調設備工事のため休館をしておりましたが、普及事業の1つである出前イベントは県内市町村の学校や福祉施設等に数多くご利用いただきました。特に、水戸市やひたちなか市、日立市、土浦市、石岡市、古河市、筑西市は上映回数も各市10~40回と多く、大変ご好評をいただいております。平成30年度は、低学年向けに新たな番組もご用意しております。ぜひ、ご活用ください。

 出前イベント「ハロー!ミュージアム」はこちら

 

▲このページのトップへ

 

茨城県つくば美術館

つくば美術館

〒305-0031 つくば市吾妻2-8  TEL 029-856-3711

 

貸しギャラリー展覧会

 展示室を一般に貸し出し、貸しギャラリーによる展覧会を実施しております。主催者の都合により、展覧会が中止となることも予想されますので、お出かけの際には、つくば美術館のホームページでご確認ください。

展覧会名

ギャラリー展覧会

開催期間

展示により異なります。

入館料  

展示により異なります。
詳細は美術館ホームページでご確認ください。

 

参加型の企画のご案内

 

茨城県天心記念五浦美術館

天心記念五浦美術館

〒319-1703 北茨城市大津町椿2083   TEL 0293-46-5311

 

現在開催中及び近日開催の展覧会

展覧会名

企画展「秘蔵の木村武山展」

解説

 茨城県笠間市に生まれた木村武山(1876-1942)は、岡倉天心に認められ五浦で横山大観らと共に研鑽を積み、のちに再興院展の中心画家として活躍しました。人々に広く愛されたその作品は個人所蔵のものが多く、当館では継続して作品調査を行ってきました。本展では、平成23年に開催した「木村武山の芸術展」開催時の作品調査では発見されなかった優品が一堂に会します。展示作品のほとんどが初公開であり、特に、大正13年の再興第11回院展出品作「群鶴(其一)」は、長らく行方不明とされていた名品で、約90年ぶりの公開となります。

 武山の代名詞ともいえる華麗で優雅な花鳥画を中心に、新発見の作品もあわせた41点により、武山芸術の新たな魅力とその広がりを紹介します。

開催期間

前期:平成30年2月9日(金曜日)~3月18日(日曜日)
後期:平成30年3月20日(火曜日)~4月22日(日曜日)
※3月20日(火曜日)から一部出品作品が変わります

入館料

一般

310(260)円

高校・大学生

210(150)円

小・中学生

150(100)円

※満70才以上の方、身体障害者手帳、療育手帳等をご持参の方は無料

※( )内は20名以上の団体料金

※土曜日は高校生以下無料(ただし、長期休業日に当たるときは除きます)

 

 

茨城県陶芸美術館

陶芸美術館

〒309-1611 笠間市笠間2345  TEL 0296-70-0011

 

現在開催中及び近日開催の展覧会

展覧会名

企画展 フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア 
(同時開催企画展)マリメッコ・スピリッツ Finland Meets Japan

解説

【フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア】
 本展では、フィンランドの独立運動の中で生まれ育まれたフィンランド陶芸の歴史的,芸術的背景とともに,これまで体系的に紹介されることがなかったファイン・アートとしてのフィンランド陶芸の多様な表現に焦点を当てました。それらが最も華やかに開花した時代の傑作を一同に展示し、様々な表現とその魅力の全容を紹介します。

【マリメッコ・スピリッツ Finland Meets Japan】
 マリメッコの現代を支える3人のデザイナーが,この展覧会のために「JAPAN」をテーマに新作パターンを創作しました。日本に一度も来日したことのない彼らのインスピレーションがどのようにして生地になるのか、アイデアラフなどを交えて創作活動を披露します。加えて,彼らの代表作も紹介しながら,マリメッコに受け継がれるデザイン思想とスピリットを読み解きます。また、会場内には、マリメッコデザイン監修による茶室「真理庵」が建てられ、日本とフィンランドの出会いを演出します。

開催期間

平成30年4月21日(土曜日)~7月1日(日曜日)

入館料
※すべての展示室が観覧できます。

一般

820(670)円

高・大学生

620(510)円

小・中学生

310(260)円

※満70歳以上の方、身体障害者手帳、療育手帳等をご持参の方は無料
※( )内は20名以上の団体料金
※土曜日は高校生以下無料(ただし、長期休業日に当たるときは除きます)

 

展覧会関連 参加型の企画のご案内

イベント・普及活動(展覧会関連以外のイベントを含む)

 

茨城県立歴史館

茨城県立歴史館

〒310-0034 水戸市緑町2-1-15  TEL 029-225-4425

 

現在開催中及び近日開催の展覧会

展覧会名

テーマ展Ⅰ

三昧塚古墳出土資料 国重要文化財指定記念

三昧塚古墳と舟塚古墳

解説

 行方市三昧塚古墳は、全国でも例のない馬形の飾りを持つ冠が出土したことでも知られています。このたび資料的な価値が認められ、出土遺物が国の重要文化財に指定されることになりました。三昧塚古墳が築かれた霞ヶ浦北岸は、県内でも大型の古墳が集中する地域です。本展では指定を受けた三昧塚古墳の資料と共に、この地域を代表する小美玉市舟塚古墳から出土した埴輪群も併せて紹介します。

開催期間

平成30年6月16日(土曜日)~7月29日(日曜日)

入館料

一般

150(120)円

70歳以上

70(60)円

大学生

80(60)円

高校生以下、障害者手帳等をお持ちの方と付き添いの方1名

無料

※( )内は20名以上の団体料金

 

参加型の企画のご案内

歴史教室/歴史館コンサート/古文書解読講座 ・・・etc

 

 

ミュージアムパーク茨城県自然博物館

自然博物館

〒306-0622 坂東市大崎700  TEL 0297-38-2000

 

現在開催中及び近日開催の展覧会

展覧会名

第71回企画展 変形菌-ふしぎ?かわいい!森の妖精-

解説

 あるときは、変形体とよばれる鮮やかな色の巨大なアメーバとなってバクテリアを食べ、かと思えば一夜にして胞子がいっぱい詰まった高さ数㎜の子実体に早変わり。私たちのもつ生きものの概念から飛び出したふしぎな生きもの「変形菌」。今回はこの変形菌にスポットを当てます。

 本企画展では、変形菌がどのような生きものなのかをさまざまな資料や映像とともに紹介します。また、変形菌に魅せられた研究者、変形菌をテーマにしたアート、最新の技術と変形菌との意外な接点などを紹介します。

開催期間

平成30年2月17日(土曜日)~6月10日(日曜日)

入館料

一般

740(600)円

高・大学生

450(310)円

小・中学生

140(70)円

※満70歳以上の方、身体障害者手帳、療育手帳等をご持参の方は無料
※( )内は20名以上の団体料金
※土曜日は高校生以下無料(ただし、長期休業日に当たるときは除きます)

※3月21日(春分の日)、5月4日(みどりの日)、6月5日(環境の日)は入館が無料となります。

 

 

  • 上記企画展の他に常設展も開催しています。(つくば美術館を除く。)
  • 入館料の( )内は20名以上の団体料金です。
  • 休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合には翌火曜日が休館日となります。)

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5445(芸術文化担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp