茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 芸術文化・スポーツ > 芸術文化 > 県立美術館・博物館 > 県立美術館・博物館の展覧会情報

県立美術館・博物館の展覧会情報

 職員一同、ご来館を心よりお待ちしておりますので、ぜひ、おでかけください。

 

 

お得な情報

 

▼館名をクリックすると、各館の展覧会情報にジャンプします。

 

▼以下の各館の情報はクリックすると、各館のホームページに移動します。

茨城県近代美術館

近代美術館

〒310-0851 水戸市千波町東久保666-1  TEL 029-243-5111

 

現在開催中及び近日開催の展覧会

展覧会名

奇想天外! アートと教育の実験場 筑波大学〈総合造形〉展

解説

 メディアアーティストにして絵本作家の岩井俊雄、ユニークなパフォーマンスでテレビでもおなじみの明和電機など、多彩な活動を繰り広げる筑波大学〈総合造形〉の卒業生たち。本展では彼らが学んだ教育現場に迫り、世界を舞台に活躍する三田村畯右、山口勝弘、篠田守男、河口龍夫など歴代教員、そして卒業生による作品とともに、奇想天外な教育手法もあわせて紹介します。

開催期間

平成28年11月3日(木曜日祝日)~平成29年1月29日(日曜日)

入館料  

一般

980円(850円)

大学・高校生

720円(600円)

小・中学生

360円(240円)

※( )内は20名以上の団体料金

※満70歳以上の方、障がい者手帳等をご持参の方、高校生以下(土曜日及びマルシェ・ド・ノエル期間の11月18日(金曜日)~20日(日曜日))、11月13日(日曜日)は入場無料

 

参加型の企画のご案内

 

 

茨城県つくば美術館

つくば美術館

〒305-0031 つくば市吾妻2-8  TEL 029-856-3711

 

貸しギャラリー展覧会

 展示室を一般に貸し出し、貸しギャラリーによる展覧会を実施しております。主催者の都合により、展覧会が中止となることも予想されますので、お出かけの際には、つくば美術館のホームページでご確認ください。

展覧会名 ギャラリー展覧会
開催期間 展示により異なります。
入館料   展示により異なります。
詳細は美術館ホームページでご確認ください。

 

参加型の企画のご案内

 

茨城県天心記念五浦美術館

天心記念五浦美術館

〒319-1703 北茨城市大津町椿2083   TEL 0293-46-5311

 

現在開催中及び近日開催の展覧会

展覧会名

企画展 国際交流基金所蔵 海を渡った日本の名品

解説

 独立行政法人国際交流基金は、古美術から現代アートにいたるまで、様々なジャンルの美術作品を国外で紹介する展覧会を行っています。本展では、その所蔵品の中から現代の日本画と陶芸の優品を紹介します。
 日本画では、シルクロードを描き続けた平山郁夫の風景画や、上野泰郎の祭壇画形式の作品など海外との直接的な関わりを思わせるものから、山口華楊や上村松篁の花鳥画といった日本の伝統的な美術に根ざしたものまで、その多様な表現をご覧いただけます。陶芸では、人間国宝の富本憲吉、濱田庄司、酒井田柿右衛門(十四代)の他、国内外の多くのファンを魅了した北大路魯山人や笠間の月崇寺で制作を行った松井康成まで、まさしく「海を渡った日本の名品」としてふさわしい作品が一堂に会します。戦後の日本美術を代表する作家による、日本画と陶芸の共演をお楽しみください。

開催期間

平成29年1月19日(木曜日)~平成29年2月19日(日曜日)

入館料

一般

310円(260円)

高校・大学生

210円(150円)

小・中学生

150円(100円)

※満70才以上の方、身体障害者手帳、療育手帳等をご持参の方は無料

※( )内は20名以上の団体料金

※土曜日は高校生以下無料

 

茨城県陶芸美術館

陶芸美術館

〒309-1611 笠間市笠間2345  TEL 0296-70-0011

 

現在開催中及び近日開催の展覧会

展覧会名

現代の茶陶

解説

 茶陶とは、茶碗や水指など、お茶席で用いられるやきものの総称です。桃山時代に千利休が侘び茶を大成すると、楽焼や美濃焼、備前焼など国産の茶陶が隆盛を迎えます。江戸時代には大名、商人が茶事を嗜み、京焼や萩焼をはじめ茶陶の生産が各地に広がりました。

 近代では、昭和の始めごろから、美濃の荒川豊藏や備前の金重陶陽などの、伝統的な産地で活動する個人作家たちが、自身の表現としてその制作に取り組みはじめます。 戦後、これらの作家が重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を受けたことや、日本伝統工芸展の開催などをきっかけに、個人作家による茶陶の制作はますます広がりを見せます。志野の鈴木藏や備前焼の伊勢﨑淳は、産地の伝統的な技法に、新たな造形表現を取り入れた作風を展開します。

 さらに近年では、産地や窯元などの背景を持たない作家たちが、茶陶を自身の創作へと積極的に取り入れています。竹村友里や桑田卓郎ら若手作家は、茶碗の形状を活かしつつ、流れるようなフォルムで側面を形作った作品や、伝統的な梅華皮(かいらぎ)の技法を肥大化した作品など、これまでの茶陶の形や制作上の制約を逆手に取った、新しい感覚の茶陶を生み出しています。

 本展では、重要無形文化財保持者から現代の若手作家まで、戦後の茶陶の展開を132点の作品によってご紹介します。進化を続ける茶陶の「今」を、ぜひご覧ください。

開催期間

平成29年1月2日(月曜日)~3月12日(日曜日)

入館料

一般

720円(570円)

高・大学生

510円(410円)

小・中学生

260円(210円)

※( )内は20名以上の団体料金。満70歳以上の方、障害者手帳、療育手帳をお持ちの方
 及び付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料。土曜日は高校生以下無料。

 

展覧会関連 参加型の企画のご案内

イベント・普及活動(展覧会関連以外のイベントを含む)

 

茨城県立歴史館

茨城県立歴史館

〒310-0034 水戸市緑町2-1-15  TEL 029-225-4425

 

現在開催中及び近日開催の展覧会

展覧会名

テーマ展Ⅳ
見て ふれて 楽しい考古学―2016茨城県教育財団調査遺跡紹介展―
アーカイズ展
近代茨城の群像 ―記録史料に秘められた茨城の記憶―

解説

テーマ展Ⅳ
見て ふれて 楽しい考古学―2016茨城県教育財団調査遺跡紹介展―
 県内では毎年多くの遺跡が調査され、その内容は現地説明会などによる遺跡の公開や発掘調査報告書の刊行という形で公表されています。本展では、(公財)茨城県教育財団が平成26・27年度に調査した遺跡の土器や石器、土製品などから、遺跡の性格や当時の生活の様子を分かりやすく解説します。

 

アーカイブズ展
近代茨城の群像 ―記録史料に秘められた茨城の記憶―

  • 教育資料にみる災害の歴史
    歴史館では、行政文書(公文書)や小学校教育資料を歴史的な重要記録として残し、広く利用されるようつとめています。今回は公文書館としての歴史館を知っていただくとともに、災害の歴史が刻まれた教育資料を紹介します。
  • 栗田家三代 ―寛・勤・健男の見た近代日本―
    明治日本を代表する学者・栗田寛(ひろし)と勤(いそし)から、太平洋戦争における最後の艦隊決戦、レイテ沖海戦を主導した海軍軍人・栗田健男(たけお)へ。文から武へとうつり変わる栗田家三代の歴史と、彼らが見つめた近代日本、そして近代茨城の姿を紹介します。
開催期間

平成28年12月3日(土曜日)~平成29年1月22日(日曜日)

入館料

一般

150円(120円)

大学生

80円(60円)

高校生以下、70歳以上、障害者手帳等をお持ちの方と付き添いの方1名

無料

※( )内は20名以上の団体料金

 

参加型の企画のご案内

 

ミュージアムパーク茨城県自然博物館

自然博物館

〒306-0622 坂東市大崎700  TEL 0297-38-2000

 

現在開催中及び近日開催の展覧会

展覧会名

第67回企画展 外から運ばれて来た生き物たちーYOUはどうして日本へ?―

解説

 アメリカザリガニ、ウシガエル、ミシシッピアカミミガメ、アライグマ、これらの生き物は外国から持ち込まれ、本来日本にいるはずのなかった「外来生物(外来種)」です。みなさんは、「外来種とは何か?」「外来種にはどんな生き物がいるか?」「どのような問題があり、対策が行われているか?」を知っていますか。
 外来種は、生態系や産業、人への被害をもたらすおそれがあるとされています。現在、その対策の必要性が盛んに訴えられており、国による法律の規制、自治体や市民による防除活動などが行われています。しかし、これらの問題は、一部の研究者や市民が対策をしていれば解決できるものではありません。なぜなら、外来種は人の手により生じるものであり、みなさん自身も外来種をつくりだしてしまう存在になりかねないからです。
 本企画展では、個々の外来種について持ち込まれた経緯や問題展、本県における外来種の最新の知見や対策について紹介します。また、国が定める外来生物法によって規制されている外来種やその取り扱い、市民が行っている活動についても取り上げます。まずは外来種について、きちんと知ることからはじめて、自分には何ができるかを考えてみませんか。

開催期間

平成28年10月8日(土曜日)~平成29年1月29日(日曜日)

入館料

一般

740(600)円

高・大学生

450(310)円

小・中学生

140(70)円

※( )内は20名以上の団体料金

※未就学児、満70歳以上の方、障害者手帳を持参された方無料。毎週土曜日は小・中・高校
生無料。(冬休み期間を除く)

 

 

  • 上記企画展の他に常設展も開催しています。(つくば美術館を除く。)
  • 入館料の( )内は20名以上の団体料金です。
  • 休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合には翌火曜日が休館日となります。)及び年末年始(12月29日~1月1日)

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5445(芸術文化担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp