茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口

登録文化財の詳細

 

特徴は

 文化財というと堅く聞こえますが、この制度は文化財を自由に活用できるゆるやかな制度です。外観を大きく変えなければ、改装してレストランや資料館、ホテルなどに自由に使うことができます。       
*保存中心の文化財指定制度に比べて、規制などはゆるやかな制度です。

 

対象は

住宅・工場・公共施設などの建築物(水戸商業高旧本館玄関が該当) 
橋・トンネル・ダムなどの土木構造物 
煙突・塀などの工作物(水戸市水道低区配水塔が該当)
などがあります。建築後50年を経過したもので広く親しまれているものや、デザインが優れているものが対象となります。

 

どんなものがあるの?

茨城県で登録されているもの
本県を含め,下記のように全国で多数の登録がなされています。
  ・岩手県 小岩井農場事務所、牛舎、サイロなど
  ・東京都 東京大学安田講堂
  ・神奈川県 富士屋ホテル本館ほか
  ・埼玉県 あさひ銀行川越支店
  ・山梨県 葡萄酒資料館
  ・島根県 津和野カトリック教会
  ・愛知県 八丁味噌本社
  ・山口県 萩駅舎
  ・香川県 マルキン醤油発酵蔵
  ・徳島県 青木家住宅

 

登録の手続きは?

 登録制度については市町村教育委員会生涯学習課、教育委員会文化課が窓口になります。ぜひお問い合わせください。また、「登録になりそうなものがある」という情報提供も随時お受けしております。

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp