茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
民俗芸能関係
おおののみろくばやし

大野のみろくばやし

 みろくの起源については、水戸藩第二代藩主徳川光圀が領内巡視の折、極楽橋の下で、三体の人形を発見し、のち下大野の人の手に渡ったと伝えられている。大野のみろくばやしは竹竿の先につけたみろく人形を、底なし舞台の中で操り舞わせる芸能である。三体のうち、顔が青い人形が「鹿島さま」で、扇と幣束を持つ。赤が「香取さま」で太鼓を抱え、黄色が「春日さま」で、ナンバンつつこを背負う。囃方の大太鼓・小太鼓・鉦・笛・唄に合わせ、みろく人形が滑稽に踊り、五穀豊穣を祈る。踊る様子は子供が駄々をこねるように見えることから、「大野の駄々みろく」とも呼ばれている。

 

 

大野のみろくばやし

 

選択年月日 昭和48年11月 5日
所在地 水戸市下大野町
管理者 みろくばやし保存会
制作時期 江戸時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp