茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
民俗芸能関係
おおくしのささらばやし

大串のささらばやし

 大串稲荷神社の祭礼に、江戸時代中期頃から氏子たちが年番を決め、無病息災・五穀豊穣等を願って、「ささらばやし」を奉納したのが起源とされる。
 ささらは、底なし舞台の中で、竹竿の先に付けた獅子頭を繰り舞わせる棒ささらである。
 獅子は雄獅子・雌獅子・子獅子の三体からなり、囃方(はやしかた)の大太鼓・小太鼓・鉦・笛・唄に合わせて、獅子舞を演じる。
 内容は、はぐれ子獅子を親獅子が探し求める悲しい場面や、親子が巡り合って互いに喜びあう場面などがある。
 棒ささらは本県の水戸・石岡地区に集中し、他県には見られない民俗芸能で、全国的にも珍しい。
文化庁選択芸能(昭和48年11月5日)。

 

 

大串のささらばやし

 

指定年月日 昭和48年11月 5日
所在地 水戸市大串町
管理者 ささらばやし保存会
制作時期 江戸時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp