茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
国指定文化財 彫刻
もくぞう しょうとくたいしりゅうぞう

木造 聖徳太子立像

 寄木造、玉眼嵌入(ぎょくがんかんにゅう)、彩色(さいしき)で、 像高132.5cmです。
延宝6年(1678)徳川光圀が寄進したもので、髪を美豆良(みずら)に結い、袍衣(ほうい)に袈裟をかけています。左手に柄香炉(えこうろ)をもち、その一指で衣の端をとり、右手に笏(しゃく)をとる姿は16歳のとき、父用明天皇の病気平癒を祈られたという孝養太子像(こうようたいしぞう)です。
像は全面に華麗な彩色を行い、面相の毛描き(けがき)も巧みですが、特に着衣には宝相華文(ほうそうげもん)、鳳凰丸文(ほうおうまるもん)、輪宝文(りんぽうもん)などの盛上彩色(もりあげさいしき)が金泥描きを混えて細緻に施されています。
これらの技法は、鎌倉時代末頃の特色を示しています。眦(まなじり)の上がった大きな眼、肉取りの若々しさなど叡智(えいち)をたたえる太子の相をよく示しています。
鎌倉時代に盛んになった太子信仰にともない、数多く制作された太子像中の優作です。

 

 

地図

 

木造聖徳太子立像

 

指定年月日 大正4年8月10日
所在地 水戸市酒門町2056
管理者 善重寺
制作時期 鎌倉時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp