茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
国指定文化財 史跡
おおくしかいづか

大串貝塚

 大串貝塚は、涸沼川をのぞむ那珂台地の先端にあります。
 昭和11年(1936)と同18年(1943)に発掘調査が行われ、その結果、シジミを主体とする貝塚で、土器、石器、骨角器類のほか、魚貝類、獣骨等が出土し、縄文時代前期に形成された貝塚であることが明らかになりました。
 この貝塚は、奈良時代の『常陸国風土記』に記されている「大櫛之岡」と考えられており、文献に残る貝塚としてわが国で最も古く、これにまつわる巨人伝説とともに著名です。

 

地図

 

大串貝塚

 

指定年月日 昭和45年5月11日
所在地 水戸市塩崎町1015-2
管理者 水戸市
製作時期 縄文時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp