茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
国指定文化財 特別史跡
きゅうこうどうかん

旧弘道館

 弘道館は第9代藩主徳川斉昭(烈公)が、改革の眼目として創立した藩校です。天保5年(1833)ごろから会沢正志斎・藤田東湖等と謀り、諸藩に類の無い純日本的総合大学として立案し、先ず弘道館記を作って趣旨を明らかにしました。そして三の丸の中に正庁をはじめ、文館・武館・医学館・寄宿寮等のほか、調練場・矢場・砲術場等を設けました。
 工事は、天保12年(1841)にほぼ落成し、総教以下の役職を任命して仮開館しましたが、本館開式は安政4年(1857)に挙げ、明治5年(1872)の閉館まで教育活動を行いました。
 但し明治戊辰の兵火と昭和20年(1945)の戦災で建物の焼失が多く、現在は四脚の正門と土塀の中に正庁・至善堂・学生警鐘・要石碑が残り、神社・孔子廟・八卦堂等は大部分が再建されています。
 なお構内には多くの梅が植えられ、種梅記の碑もあります。
 弘道館は、当時の情勢にあった模範的学校として藩内外に大きな影響を与えました。
 なお、弘道館は国の特別史跡として昭和27年(1952)3月29日に指定を受けました。また正庁・至善堂・正門附塀の建造物は、国指定重要文化財として、昭和39年(1964) 5月26日に指定を受けました。

 

地図

 

旧弘道館

 

指定年月日 昭和27年3月29日
所在地 水戸市三の丸1-6
管理者 茨城県
制作時期 江戸時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp