茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
国指定文化財 工芸品
たち めい のりかねさく(つけたりいとまきたちこしらえ)

太刀 銘 則包作(附糸巻太刀拵)

 鎌倉時代中期の備前福岡一文字派の名工則包(のりかね)作の数少ない作刀の一つです。この太刀は、徳川家康の佩刀(はいとう)で水戸藩祖徳川頼房に譲られ、頼房から東照宮に寄進されたものです。
 太刀は、鎬造(しのぎづくり)、庵棟(いおりむね)、猪首(いくび)、刃文は丁字乱れ(ちょうじみだれ)、鍛えは板目(いため)、目釘穴(めくぎあな)二個、佩表茎(はきおもてなかご)に「則包作」の銘があります。
 拵(こしらえ)は黒塗菊桐文高蒔絵(くろうるしきくきりもんたかまきえ)の鞘(さや)、柄(つか)は茶糸菱巻(ちゃいとひしまき)、渡巻(わたりまき)は金欄の糸巻太刀拵で総金具は赤銅魚々子地(しゃくどうななこじ)に小縁(こべり)をつけ、金高彫(きんたかぼり)の菊桐文散らし(きくきりもんちらし)です。
 刃長は76.7cm、反りは3cmです。

 

地図

 

太刀(銘則包作・附糸巻太刀拵)

 

指定年月日 明治44年4月17日
所在地 水戸市宮町2-5-13
管理者 東照宮
制作時期 鎌倉時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp