茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
国指定文化財 建造物
さいれんじそうりんとう(つけたりむなふだいちまい)

西蓮寺相輪とう(附棟札1枚)

 この相輪とうは、弘安の役(元寇)の戦勝を記念して弘安10年(1287)に建立したものと伝えられています。
 その後、慶長9年(1604)、天保12年(1841)及び明治36年(1903)などに修理されています。
 最近では昭和52年(1977)に大修理が行われました。
 高さは9.16mで、木の心柱に銅板鍛造りの筒10個をかぶせ、つないでいます。
 また、繋目には7.6cmの帯輪を巻いており全体では錫杖形をしています。
 とうは西に面し基壇、とう身、頭部の3つに分かれています。
 基壇は石造りで三段に積まれています。頭部は五輪塔形式で、宝珠に火焔をつけ、それを取り巻く太い大輪及び大輪に懸かる12個の小輪からなっています。
 また、大輪には卍字が飾られています。

 

地図

 

西蓮寺相輪とう(附棟札1枚)

 

指定年月日 大正6年8月13日
所在地 行方市西蓮寺504
管理者 西蓮寺
制作時期 室町時代後期

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp