茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
国指定文化財 建造物
かさまいなりじんじゃほんでん(つけたりむなふだ1まい)

笠間稲荷神社本殿(附棟札1枚)

 本殿は総欅(けやき)の権現造で、柱・天井などに飾り彫りが用いられています。
 社殿の彫刻は、柱上頭貫の木鼻・獅子丸彫り・斗栱間小壁・支輪から桁・壁板・脇障子・羽目板に至るまで浮き彫りが施されています。
 また、本殿後部は前部より床が一段高くなっていて、三面外側の壁板には7枚の「蘭亭曲水の図」の浮き彫りがあります。

 

地図

 

笠間稲荷神社本殿(附棟札1枚)

 

指定年月日 昭和63年1月13日
所在地 笠間市笠間39
管理者 笠間稲荷神社
制作時期 江戸時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp