茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
国指定文化財 建造物
りゅうぜんじさんぶつどう

竜禅寺三仏堂

 旧北相馬郡に残る中世建築として当初の姿を忠実にとどめており、中世から近世にかけての建築の流れを知る上で貴重な遺構です。
 三仏堂は延長2年(924)の創建と伝えられ、釈迦、弥陀、弥勒の三仏をまつっています。
 現在の建物は建築様式から室町時代後期のものと推測され、さらに内部にあった永禄12年(1569)の木札から詳しい年代がわかりました。
 間口3間(6.395m)、奥行き4間(7.309m)の三間堂の平面ですが、正面に1間外陣を設け、さらに両側面と背面に裳階(もこし)をつけた構成になっています。
 組み物は出組と平三斗で、木鼻と板蟇股に簡素な彫刻があり,彩色はありません。屋根は茅葺の寄棟で軒を二重にしています。
 解体したとき、部材のいたる所に梵字で経文が書かれており、さらに仏壇下の地下に壺が埋められていました。
 禅宗様と和様の混合した建築様式に加え、特異な平面形式はこの建物を他に類のないものとしています。

 

地図

 

竜禅寺三仏堂

 

指定年月日 昭和51年5月20日
所在地 取手市米ノ井467
管理者 竜禅寺
制作時期 室町時代後期

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp