茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
国指定文化財 建造物
やくおういんほんどう

薬王院本堂

 薬王院は、吉田神社から南の方へ800mほどのところに位置します。かつては、吉田神社の神宮寺で、天台宗の名刹として長い歴史をもっています。
 平安時代の開基といわれ、第50代桓武天皇の勅願により、大同2年(807)に伝教大師最澄が創建したものと伝えられています。 
 本堂は、大永7年(1527)焼失ののち、享禄2年(1529)に再建され、さらに貞享3年(1686)には徳川光圀が大修理を行い、昭和43年(1968)にも解体修理が行われました。
 茅葺き型銅板板葺き入母屋造の堂々たる姿で、室町期建築の手法を今日に伝えています。

 

地図

 

薬王院本堂

 

指定年月日 昭和41年6月11日
所在地 水戸市元吉田町682
管理者 薬王院
制作時期 室町時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp