茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 彫刻
こんどうけぶつ

金銅化仏

 銅造、鍍金(ときん)、像高16cmです。
 宝冠(ほうかん)を戴き、右手に宝剣をとり、左手に経巻(きょうかん)を納める経箱(きょうばこ)をもち、結跏趺坐(けっかふざ)する文殊(もんじゅ)菩薩像です。
その品質、形状から見て当初、円形の鏡板にとりつけられていた懸仏(かけぼとけ)の残欠(ざんけつ)と思われます。
 懸仏は神仏習合(しんぶつしゅうごう)の結果、本地仏(ほんちぶつ)などを表す一形式として用いられたもので、元来は、鏡を表す円板に主に鋳造(ちゅうぞう)で神仏などを表したものです。
 制作は鎌倉時代後半頃と考えられ、現在の台座は後補です。

 

 

金銅化仏

 

指定年月日 昭和44年3月20日
所在地 水戸市泉町2-1-21
管理者 個人
製作時期 鎌倉時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp