茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 彫刻
ちゅうぞう あみだにょらいりゅうぞう

鋳造 阿弥陀如来立像

 水府村中染横川の山のふもとの高台に、かつてかわらぶきの小堂があり、人々はこれを「お阿弥陀さま」と呼んでいた。
 1690年(元禄3)2月の藩の開基改めの記録によると、ここに阿弥陀如来を本尊とする東金砂山東清寺阿弥陀院があったとある。
 1864年(元治元)の天狗・諸生の乱の兵火にかかって、同所にあった持宝院とともに消失した際、地元民が小堂(かってのかわらぶき小屋)を建てて本尊を安置したものであろう。
 現在は、小堂を改築し、茨城県指定重要文化財として安置されている。 阿弥陀如来立像は、等身大(164cm)の立像で、材質は鉄鋳造物である。
 背名には、奉治鋳法然寺阿弥陀如来立像、大檀那桐原左衛門入道祭立、大工権守入道西念、勧進憎立仏房生年五十六、仏師日向房良覚、弘長4年甲子4月26日とある。

 

地図

 

鋳造 阿弥陀如来立像

 

指定年月日 昭和44年3月20日
所在地 常陸太田市中染町23
管理者 中染区
製作時期 鎌倉時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp