茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 彫刻
どうぞう だいにちにょらいおよびさんじゅうにちぶつざぞう

銅造 大日如来及三十日仏坐像

 仏性寺(ぶっしょうじ)本堂の本尊大日如来と三十日仏のうち残存する20躯の仏像群です。
 本尊の像高は45.1cm、三十日仏の像高は18cmないし21cmで、本尊の背には文安5年(1448)制作の銘があります。
 三十日仏には、背に一日から三十日までの日付とともに、如来や菩薩の名称が彫られ、仏像群全体が大日如来を中心とする曼荼羅(まんだら)の世界を構成しているものと推測されます。
 三十日仏は、中国に起源をもつ仏像群で、日本では中世になってから信仰されるようになりました。
 三十日仏の仏像群は、県内における初めての発見で、日本全国をみても作例のきわめて少ない貴重なものです。
 また、当地方における中世の仏教信仰のあり方を示す事例として重要なものです。

 

地図

 

銅造大日如来及三十日仏坐像

 

指定年月日 平成12年11月27日
所在地 水戸市栗崎町1985番地
管理者 仏性寺

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp