茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 彫刻
もくぞう じゅうにしんしょうぞう

木造 十二神将像

 寄木造、玉眼嵌入(ぎょくがんかんにゅう)、漆箔(しっぱく)、彩色(さいしき)で、像高は74.0cmから81.5cmです。
 薬王院(やくおういん)本尊薬師如来像を守護する十二神将像です。
 いずれも檜材で、動きを表す多様な表現のため各像それぞれの木寄せを行い、漆下地白土地(うるししたじしらつちじ)に華麗な彩色(さいしき)や漆箔地墨描き(しっぱくじすみがき)を施し、当初のものもかなり残っています。
 強い忿怒(ふんぬ)の相をきわだたせた顔立ち、大きな動きを示す肢体の形姿、着衣や唐様甲(からようこう)の表現など、やや誇張がみられるものの、変化に富み、激しい動勢を無難につくり、群像構成の効果を心得てまとめた作行は手堅いものです。
 作風は鎌倉時代の巨匠運慶(うんけい)に代表される慶派(けいは)の風を踏襲していますが、大きく深い着衣の襞(ひだ)のとり方など鎌倉時代末から南北朝時代、14世紀前半頃の制作と考えられます。

 

地図

 

木造 十二神将像

 

指定年月日 昭和49年11月25日
所在地 水戸市元吉田町682
管理者 薬王院
製作時期 南北朝時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp