茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 彫刻
もくぞう あみだにょらいきょうじさんぞんぞう

木造 阿弥陀如来脇侍三尊像

 一木造、彫眼、古色(こしょく)、像高中尊50.6cm、観音36.2cm、勢至36.0cmで、三尊とも檜材の一材彫成です。
 中尊阿弥陀如来は来迎印(らいごういん)を結び、両脇侍(きょうじ)のうち観音菩薩(かんのんぼさつ)は蓮台を捧げ、勢至菩薩(せいしぼさつ)は合掌して腰・膝をかがめて、ともに後補の雲足(くもあし)付きの蓮華座に立つ来迎阿弥陀三尊像です。
 中尊阿弥陀如来像の体内腰部内刳(うちぐり)部分に、「建長八年九月十一日/大仏」の墨書銘(ぼくしょめい)があり、建長8年(1256)は制作年代を示すものと考えられます。
 中尊の低平で下広がりの肉髻部(にっけいぶ)の形や、両脇侍の高い髻(もとどり)など、鎌倉時代中期の特色ですが、小像とはいえ、一木造の構造とともにその表現は古様の像といえます。
 この時代の基準作例の一つとして注目されます。

 

地図

 

木造 阿弥陀如来脇侍三尊像

 

指定年月日 昭和47年12月18日
所在地 水戸市緑町2-1-15
管理者 茨城県立歴史館
製作時期 鎌倉時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp