茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 書跡
だいはんにゃはらみったきょう

大般若波羅蜜多経

 平安時代から江戸初期にかけ、奈良興福寺の春日神社に経典の奉納出版が行われ、世に春日版(かすがばん)と称されました。
 本書は、鎌倉時代末期頃の春日版とみられます。
 巻子本(かんすぼん)で軸は墨塗りの細竹です。
本紙は、黄色で縦26.5cm、長さ863.3cm、1行17字詰めで本文のところどころに朱で句点が打ってあります。
 奥書に「願主橘乙女」と墨書(ぼくしょ)があります。

 

 

大般若波羅蜜多経

 

指定年月日 昭和38年8月23日
所在地 水戸市堀町2249
管理者 個人
製作時期 鎌倉時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp