茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 史跡
しづくじょうし

志筑城阯

 志筑城阯は大字中志筑にあり、三方が深田に囲まれ、南側に自然の掘割を擁した天然の要害です。
 鎌倉時代茨城南部の地頭職であった下河辺政義(後益戸氏)の築城によるもので、子孫代々城主をつとめましたが、六代国行の時代・南北朝争乱で南朝方に組し、府中城の大掾高幹と戦いをくり返し、興国2年(1341)6月に遂に敗れ、その後廃城となりました。
 その後、慶長7年(1602)本堂茂親が支配し、正保2年(1645)より明治の廃藩置県まで本堂氏が陣屋を構えたところです。
 今も築城当時の土塁を残し、城郭記号の凸型の典型的形体を保っています。

 

地図

 

志筑城跡

 

指定年月日 昭和10年11月26日
所在地 かすみがうら市中志筑1037
管理者 かすみがうら市
制作時期 鎌倉時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp