茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 史跡
なかさいじょうし

那珂西城阯

 那珂西城阯は南北朝時代の山城の跡で、広さ約4㏊です。城内は本城、中城、兵庫坪の三郭から構成されていたとされています。
 秀郷流藤原姓那珂氏の本拠といわれてきましたが、大中臣氏の子孫時久が那珂氏を称し、居城にしたという説もあります。
 城域内の本城の位置には現在宝幢院(ほうどういん)がありますが、これは元禄9年(1696)、徳川光圀の発願によりここに移されたものです。
 現在宝幢院の周囲及び国道123号線沿いに土塁の一部と堀跡が残っています。

 

地図

 

那珂西城跡

 

指定年月日 昭和9年12月18日
所在地 東茨城郡城里町那珂西1958
管理者 大越孝啓
制作時期 南北朝時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp