茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 史跡
みなみこうやかいづか

南高野貝塚

 久慈川の支流茂宮川に面した台地縁辺に立地しています。
 これまで、昭和27年(1952)と昭和31年(1956)に発掘調査が実施されています。
 当貝塚の時期は、縄文時代中期・後期・晩期で、阿玉台式・加曽利E1、2式、大木8a、8b式、称名寺式、堀之内1式、加曽利B式の各形式の土器が出土しています。
 貝塚に含まれる貝の種類はヤマトシジミが主体で、アカニシ・イボニシ・バイ・ツメタガイ・サトウガイ・チョウセンハマグリが出土しています。
 魚類はサメ類・カスザメ・エイ・スズキ・カツオ・クロダイ・コチ、哺乳類は、シカ・イノシシ・カワウソ・イヌなどの骨が出土しています。
 この他石器として、磨製石斧、打製石斧、石錘、磨石、石皿がみられます。

 

地図

 

指定年月日 昭和54年3月8日
所在地 日立市南高野町1-19
管理者 日立市教育委員会
制作時期 縄文時代中~後期・晩期

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp