茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 史跡
ほんださくざえもんしげつぐふんぼ

本多作左衛門重次墳墓

 本多作左衛門重次は「一筆啓上、火の用心、お仙泣かすな馬肥やせ」の手紙で知られる徳川家康の家臣です。
 享禄2年(1529)、三河に生まれ、松平清康、広忠、家康に仕え、晩年を下総国相馬郡井野で過ごし文禄5年(1596)68歳で病没しました。
 玉垣に囲まれた三つの墓塔が史跡となっています。
 中央の高さ1.4m、水輪の直径45cmの大型の五輪塔が重次の墓です。
 特に銘はみられませんが、正面には梵字が刻まれているのがわかります。
 右側のやや小型の五輪塔は「坂休院、寛永四丁卯九月十二日、体誉一源浄本居士」の銘があり、重次の客人であった岡野彦五郎という人物の墓です。
 左にある尖頭型の墓塔には「本多九蔵藤原重玄之墓」という銘があるので、永禄元年(1558)に戦死した重次の弟である重玄の墓であることがわかります。

 

地図

 

本多作左衛門重次墳墓

 

指定年月日 昭和9年8月3日
所在地 取手市台宿2-3167
管理者 本願寺

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp