茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 史跡
なんだいさんじょうし

難台山城址

 難台山城址は、南北朝時代の南朝の勢力が失われようとしていた元中4年(1387)小田第8代孝朝(たかまさ)の子、五郎藤綱(ふじつな)が小山隆政若犬丸に加担して挙兵したところです。
 足利方は、上杉朝宗を将として攻めましたが、小田五郎はよく奮闘し南朝のため気を吐きました。
 朝宗は攻撃に手を焼き、近くの舘岸城(たてぎしじょう)に拠って持久戦法をとりました。
 一方佐竹氏に真壁方面からの糧道を絶たれてしまって万策つき、自らは部下と共に自刃しました。
 この戦を機に、南朝方はその勢力を失いました。
 城跡は、難台山頂近くにあり、雑木林の中にわずかに石を組んだ跡が残っています。

 

地図

 

指定年月日 昭和9年5月18日
所在地 笠間市上郷字難台3646の一部
管理者 笠間市

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp