茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 史跡
ひさけつか

日下ケ塚

 標高約25mの独立丘陵上に位置する前方後円墳であり、車塚古墳とともにひとつの古墳群を形成しています。
 この古墳は、復元全長105m、後円部径約65m、後円最頂部標高約35mを有します。
 後円部径:前方部後長:前方部前長の比は、ほぼ6:3:1となり、形式としては古いものです。
 昭和24年(1949) 8月には、國學院大學考古学研究室で発掘調査を行い、粘土槨(ねんどかく)から各種の石製模造品、ヒスイ製勾玉、碧玉製管玉(へきぎょくせいくだだま)、滑石製小玉(かっせきせいこだま)、櫛、鏡などの豊富な副葬品が発見されています。
 5世紀初頭末の茨城県における古墳の中では、規模、副葬品ともに他を圧しています。

 

地図

 

日下塚

 

指定年月日 昭和28年7月9日
所在地 東茨城郡大洗町磯浜町2865-8-2
管理者 大洗町
制作時期 5世紀初頭末

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp