茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 史跡
だいわたりはいじあと

臺渡里廢寺阯

 水戸市の北部、田野川を見下す台地、渡里町に長者山といわれ、土塁・空堀などをめぐらす長者伝説が付会する遺構があります。
 この付近に古くから古瓦等の出土が見られ、戦前・戦後を通しての調査により、奈良~平安時代にかけての寺院跡であることが明らかになりました。
 遺構及び遺物は、長者山・観音堂山・南方地区の3地区より出土しました。観音堂山地区では9つの建物跡、南方地区では土壇状遺構が確認され、出土瓦の篦書や「仲寺」と墨書のある土師器等から「徳輪寺」と称する寺院が存在し、土壇状遺構は塔跡と推定されています。
 長者山地区では2つの遺構跡が知られ、寺院跡か郡衙跡かは、明らかでありませんが、公的な建造物であったことは確かなようです。

 

地図

 

台渡里廃寺跡

 

指定年月日 昭和20年7月16日
所在地 水戸市渡里町
管理者 水戸市
制作時期 奈良時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp