茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 史跡
かさはらすいどう

笠原水道

 水戸は、元来上下町共に用水の便が悪く、中でも下町住民は特に飲料水に不自由でしたので、2代藩主徳川光圀は藩主就任直後の寛文2年(1663)町奉行望月恒隆に水道設置を命じました。
 その調査に当たった平賀保秀は笠原を水源地に選び、工事は永田勘衛門が担当しました。笠原から逆川に沿い藤柄町まで岩樋を用いた暗渠を作り、備前堀を銅樋で渡して市街に入り、細谷まで全長約10kmの水道が翌年完成しました。
 今も水源地には藤田幽谷撰文の「浴徳泉記」の碑が建っています。

 

地図

 

笠原水道

 

指定年月日 昭和13年3月11日
所在地 水戸市笠原町ほか
管理者 水戸市

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp