茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 史跡
でんないだいじんたいらのしげもりふんぼ

伝内大臣平重盛墳墓

 伝内大臣平重盛墳墓は小松寺の本堂と観音堂の間の通路を通り、白雲山の急坂を約30m登った中腹の林の中にあります。
 平重盛の没後、家臣の平貞能(たいらのさだよし)はその遺骨を保持し、重盛夫人とその妹を伴い高野山にて出家後、北陸、上野を回り平義幹(たいらのよしもと)領の常陸に入りました。
 その後この地に遺骨を埋葬し、宝篋印塔(ほうきょういんとう)を建てたといわれています。
 平貞能はその後小松以典(こまついてん)と称し、重盛の菩提を弔うため七堂伽藍を開山、小松寺の寺号を付し89歳で入寂したといわれています。
 平重盛の墓と伝えられる宝篋印塔のほか、平貞能、重盛夫人(徳律禅尼)の墓と伝える五輪塔も同所にあります。

 

地図

 

浅川のささら

 

指定年月日 昭和6年12月3日
所在地 東茨城郡城里町上入野3912
管理者 大久保尊元
制作時期 鎌倉時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp